FC2ブログ

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

未熟者

大阪維新の会大阪市議団は1日、保護者に家庭教育の学習機会を提供する「家庭教育支援条例案」を、15日開会の5月定例議会に議員提案する方針を固めたらしい。

児童虐待や、無理難題を強いる「モンスターペアレント」の出現を防ぐ狙いで、成立すれば全国でも異例の条例となるそうだ。

市議会で審議中の教育基本2条例案に盛り込まれた保護者向け家庭教育支援を具体化する内容。「親になる心の準備のないまま子どもに接し、途方に暮れる父母が増えている」とし、具体的には市内の全保育園・幼稚園に保護者を対象とした一日保育士・幼稚園教諭体験の機会を設けるよう義務化。結婚や子育ての意義を記した家庭用道徳副読本を高校生以下の子どものいる全世帯に配布するほか、市長直轄の推進本部を設置し、「家庭教育推進計画」を策定することも盛り込んだという。

一日体験で、どうにかなるとも思えんが…それでもやらないよりはマシなのかもしれん。
‘義務化’という文字には、抵抗があるけれど、僅かであっても、それによって、いろいろと気付く事があるかもね。

それはさておき。
「親になる心の準備」なしに、なんで子供を作れるのか?不思議でならない。
まぁ、それぞれに事情はあるとは思うが。

昔と違い、幼い頃は、親、つまり、おじいちゃんおばあちゃんや、ご近所のおせっかいな人々の支援も無い。
学校に行けば行ったで、危険だらけといった状況で、守ってやれるのは親だけだ。
まして、ネットが当たり前の時代、親の目の届かないトコロ、社会の暗部に、子供らは簡単にアクセス出来てしまう。

ちょいと見渡しただけでも、それなりの‘心の準備’は必要に感じるなぁ。

その‘心の準備’の準備すら無いやみげんは、想像するしかないが、今の時代、さぞかし子育ては大変であろう。
時間も、金も、労力も使い、精神をすり減らし、子供を育てる覚悟は、将来も持てそうに無い。
この先も自分の事だけで精一杯だろうな。これを‘未熟者’という人もいる。

だから、皮肉抜きで。
子育てしてる人達を、尊敬申し上げる。
是非是非、わが子の為に、頑張ってあげて欲しいものです。

これ以上、世の中に不幸を増やさない為に。

ドリス・デイ/ケ・セラ・セラ AO-004ドリス・デイ/ケ・セラ・セラ AO-004
(2008/07/25)
ドリス・デイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2012/05/01 18:19 ] バカ親 | TB(0) | CM(-)

惨状

鳥取県教委は来年度、外部からの苦情への対応に悩む学校現場の支援に本格的に乗り出す。弁護士や、校長を経験したOBに気軽に相談できるようにし、教師が子どもに向き合う時間を十分に確保するらしい。事例を蓄積し、学校間で有効な対応策を共有する仕組みも整えるという。

「担任を変えてほしい」「給食が子どもの口に合わない」「チャイムの音がうるさい」――。県教委によると、保護者や地域からの学校への要望・苦情は多岐にわたる。教師が対応に心身を疲れさせる例もあり、2009年度に心の不調を訴えて休職した39人のうち半数が苦情に悩んでいたそうだ。

そこで東、中、西部の弁護士1人ずつと契約し、電話相談に応じてもらう。アドバイザーとして校長経験者も3か所の教育局に1人ずつ配置。難しい事例に対しては、弁護士や医師らを交えた支援チームをつくり、対応策を考えるらしい。解決に至った<成功例>はデータベース化し、各学校から閲覧できるようにするとか。関連経費623万円を当初予算案に計上したらしい。担当者は「一番大切なのは、教師が子どもと向き合う時間。苦情対応を抱え込んでしまうのを防ぎたい」と話しているという。

まぁ、そのバカ親も教育の結果なのだが、そのバカ親を作り出したOB世代に問題が解決出来るとはどうしても思えない。現役引退後のていの良いアルバイトといったところか。

とはいえ、傍若無人なトンデモ教師以外の真面目な先生の中にはストレスで死んじゃう人も出てきてるからな。事態は深刻だ。
「教師はサービス業」という認識が広く浸透しだした現在、先生の感じるストレスは、接客業に従事する方々の感じるストレスと同質のものなのかもしれない。
社会経験が浅く、身分に守られている意識が有る分だけ、民間接客業より打たれ弱いかもしれないね。

田舎では相変わらず人気職種なようだが、東京の教員不足は、知恵をつけた怪物親の攻撃が田舎のソレよりも強烈だからだと聞いた。
導き出される志望動機の不純さに失望する一方で、命まで失うとなるとコレも仕方なしと思ったり。

今回の取り組みも、しょせんは「やらないよりはやったほうがマシ」な対処療法だ。何十年もかけてこの惨状に行き着いたわけだから、解決もまた何十年も掛かると想像する。いや、物事を創り上げていく速度は壊す速度よりも遅いからな。少なくともやみげん存命中に、より良い教育システムを目にすることはないと思われる。

由紀子×父兄sp2
画像は、「女教師×父兄」由紀子製作委員会より。先生大変!
[ 2011/02/25 18:00 ] バカ親 | TB(0) | CM(-)

甲斐性無し

栃木県警さくら署は22日、息子の通う中学校の教頭(50)を殴って軽傷を負わせたとして、傷害の疑いで栃木県高根沢町在住、秋田県出身の塗装工(49)を逮捕したらしい。

同署によると、塗装工は中学校の教員に対し「秋田弁をばかにされた」と激怒していたという。

逮捕容疑は13日午後5時45分ごろから約30分の間、高根沢町内の中学校の廊下や校長室で、教頭の右腕やあごなどを殴り、軽傷を負わせた疑いとか。

同署によると、塗装工は12日、栃木県佐野市で10~11日に開かれた陸上競技大会で生徒同士でペットボトルの投げ合いになり、息子だけが大会役員に注意されたことについて中学校に電話。

応対した女性教員が、塗装工の言葉が聞き取りにくかったため「秋田弁ですか」などと発言し「秋田弁をばかにされた」と口論になったそうだ。

翌13日になって塗装工は「一対一で話をさせろ」と同中を訪れ、教頭が対応した。12日も13日も酒を飲んでいたとみられる。

これ、学校側は反撃出来ないと思ってたんだろうな…最低な奴。
言いつけた子供も、ここまで大事になってかえって恥ずかしい思いをしているのではないか?「さすが父ちゃん!」、でない事を願います。

さて昔、結婚直前まで行った彼女が秋田出身であった事を思い出した。
実家の親御さんにあいさつに行った時、やはり外国語に聞こえたな。前出の女教師は、電話での会話だったわけで、ほとんど聞き取れなかったはずである。
やみげんのほうは共通語で、かつなるべく平易な分かり易い言葉を使っていたので、こちらの言わんとする事は伝わっていたようだが、先方の言葉は、彼女の通訳を介さないと全く理解できない状態だった。

お父さんと、一対一になった時の長ーい沈黙は、多分に言葉のせいであったように思う。

真冬の寒い寒い日であった。
お風呂を頂いたのだが、火傷しそうなほど熱かったのを憶えている。

結局、彼女とはゴールインとはならなかったが、それはやみげんの甲斐性が無かったからである。

その後もあまり成長がないなぁ…甲斐性が欲しいぜ!

由紀子×父兄sp2
画像は、「女教師×父兄」由紀子製作委員会より。親も子供も最低な奴らです。
[ 2010/07/30 23:03 ] バカ親 | TB(0) | CM(-)

相殺

鳩山由紀夫首相は30日午後、視察先の甲府市で山梨県内の市町村長らと懇談し、2010年度に導入する子ども手当について、公立学校の給食費の滞納分に充当できる仕組みを検討する考えを示したらしい。

給食費や保育料などの悪質な滞納は各地で問題になっており、自治体側の要望に応じた格好だそうだ。

首相はこの後、記者団に「そう簡単にできるかどうかは分からないが、具体的な要望に応えられる政府でありたい」と強調したという。

その上で「長妻昭厚生労働相にどうなっているのか聞いてみたい。進めていければと思う」と述べたとか。

政府が国会に提出した子ども手当の法案では、支給分を差し押さえの対象とすることは禁じられており、実現には調整が必要となりそうだという。

全国市長会は27日、子ども手当について、保育料などの滞納分と相殺できる仕組みの検討を求める緊急決議を採択しているらしい。

まぁ、そらぁそうなるわな;
「払えるのに払わない」ってのが多すぎるらしいからさ。でも、「払いたいのに払えない」人も確かに居る訳だから、こういう人たちは、別途救済してあげて欲しいです。

思ったのだが、「入ってくるハズのお金が入ってこない」は、「出ていかないハズのお金が出て行ってしまう」のより、はるかに打撃だ。

黒い教室も、第1作目の「罠」で、いきなり販売店の倒産という経験をした。販売初月だったからね。そこそこ売り上げがあっただけに、あれは痛かった!一応、回収の為に頑張ったんだけど、無駄に終わってしまった。
いー加減な対応に終始したあの役員は、今何やってるのかな?どうせ、近いところに潜り込んでいるんだろうよ。法律上の整理が付いているとはいえ、なんか納得いかない。

忘れちゃいないぜ!エルフィックス

女教師由紀子「罠」
画像は、女教師由紀子「罠」より。なにせ、初っ端だったからね!BJ氏に申しわけなかったよ。
[ 2010/01/31 18:30 ] バカ親 | TB(0) | CM(-)

世も末

小学1年生の娘の下着姿の写真をインターネットオークションで販売したとして、愛知、石川両県警の合同捜査本部は29日、名古屋市の建設作業員の男(33)と妻(28)を、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(提供)容疑で逮捕したらしい。

発表によると、2人は5月26日、長女(7)が下着姿になった画像が入ったフラッシュメモリー2個を、ネットオークションで男性客に1万5000円で販売した疑いとか。

フラッシュメモリーには、2人が携帯電話のカメラで長女を撮影したとみられる動画や静止画が121点あり、このうち5点が下着姿だったそうだ。

調べに対し、2人は容疑を認め、妻は「簡単に生活費を稼ぐためだった。子どもの画像は客の反応がよく、今年2月~9月で90万円の売り上げがあった」と供述しているという。

不景気とはいえ世も末だね。
このバカ親は、昨今の児ポ規制の話とは別なところで、大問題な気がするぞ!そういえば、広島にも似たようなバカ親がいたな。
やみげんが言うものなんだが、エロのハードルがどんどん低くなって来ている様子だ。DL販売も、凄い事になってるもんなぁ~誰でも彼でも;
業界の発展にとってはいい事なのかもしらんが、世の中はそれを許してくれまいよ。

取り返しのつかない事態になる前に、なんとかせねばなるまい。

女教師由紀子「罠」
画像は、女教師由紀子「罠」より。これが発売された頃は、まだフルカラーのデジコミは少なかったね^^
[ 2009/10/31 20:27 ] バカ親 | TB(0) | CM(-)


























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。