FC2ブログ

















運気

由紀子先生サッカー
新潟県内の中学生フットサル大会で試合にわざと負けるよう指示したとして、公立中サッカー部のコーチで同校の教頭(47)が9日、日本サッカー協会から「12カ月のサッカー関連活動の停止」という厳しい処分を受けたらしい。教頭は「弁明の余地がない」と反省しきりという。

日本協会によると、同校は今年1月の上越地区大会で3連勝し予選リーグ突破が決定。教頭は準決勝で相性の悪い相手との対戦を避けるため、次戦で大量点で負けての2位通過を画策し、生徒に指示したそうだ。すると生徒は故意のオウンゴールを6度繰り返すなど忠実に指示を“実行”。試合は0-7で敗れ、狙い通りの2位通過を果たしたという。

協会会長は「教育者の風上にもおけない」と怒り心頭とか。教頭も「フェアプレー精神に反し、教育的配慮にも欠けていた」と事実関係を認め、謝罪したらしい。もっとも、同校は決勝トーナメント初戦で敗退。“悪知恵”も実を結ばなかったという。

スポーツ教育。。。(* ̄m ̄) ププッ

WBCの2次リーグで、日本が1位通過を決めた試合。負けた相手チームは、準決勝・決勝に備えて戦力を温存しただの、2位通過のほうが組み合わせが良いだの聞こえてきた。
要するに「わざと負けた」と言う事なのだが、そのチームにとって「これは悪い流れになるぞ」と思った。

麻雀の勝負では、オーラスでトップだと、和了れる流れなのに故意に安い手を放銃して順位を確定する事があるようだ。でも、それをやっちゃうと運気が落ちるなんて話を、昔、(著者は忘れたが)なにかの麻雀本で読んだ記憶がある。

多少オカルトチックではあったが、妙に説得力があったなぁ~。
でもコレって、相手の和了り牌がちゃんと読める実力がないと関係ないんだよね;やみげんはヘタッピだったので、実際に打っている場面ではやりようがなかった。
むしろ、チョンボで運気を逃し捲くってた気が…;;;

まぁ、勝負事はなんでも真剣にやらんと遺憾という事やね。負けて良い勝負などありはしないのだ。
これは仕事にも言えるかもしれない。いつも真摯に取り組まねば、と改めて思った一件だった。

雀鬼流。―桜井章一の極意と心得雀鬼流。―桜井章一の極意と心得
(1996/05)
桜井 章一

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/04/10 20:00 ] トンデモ教師 | TB(0) | CM(-)