FC2ブログ

















裁量

熊本県本渡市(現・天草市)の市立小学校で2002年、男性の臨時教師が小学2年男児(当時)の胸元をつかんで壁に押し当ててしかった行為が、体罰にあたるかどうかが争われた訴訟の上告審判決が28日、最高裁第3小法廷であったらしい。

裁判長は「行為は教育的指導の範囲を逸脱しておらず、体罰ではない」と述べ、体罰を認定して市に賠償を命じた1、2審判決を破棄し、原告の男児の請求を棄却したという。

学校教育法は教師の体罰を禁じているが、教師の具体的な行為が体罰に該当するかどうかを最高裁が判断した民事訴訟は初めてとか。

判決によると、教師は02年11月、校内の廊下で悪ふざけをしていた男児を注意したところ、尻をけられたため、男児の洋服の胸元を右手でつかんで壁に押し当て、「もう、すんなよ」と大声でしかったそうだ。男児はその後、夜中に泣き叫ぶようになり、食欲も低下したらしい。

判決は「悪ふざけしないよう指導するためで、罰として苦痛を与えるためではなかった」と認定。原告側は上告審で「恐怖心を与えるだけだった」と主張したが、判決は「教師は立腹して行為を行い、やや穏当を欠いたが、目的や内容、継続時間から判断すれば違法性は認められない」と述べたという。

踏み込んだねぇ~!大丈夫かぁ?

やみげんは、決して原告に組するものではないが、教師の体罰は禁止されているのである。
昨今の教師事情をウォッチしていれば、現場の裁量に委ねる事がいかに危険な事かが分かる。いずれ自分らの都合のいいように拡大解釈して、アホな体罰教師が暴君のように振舞うだけだろう。

「教師は子供にビビリ過ぎ」と言うが、だからと言って、制圧の手段として教師の体罰が許されるのか?ガキが尻をけったのなら、小学生だろうがなんだろうが、警察を呼べばいいと思うぜ!私はそれを非難しない。

今後は、すべて個別のケースで争う必要が出てくるな。

過剰体罰:ウンチフェラ
画像は、体育女教師「過剰体罰」より。こっちは先生に体罰ね^^
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/04/28 22:25 ] バカ親 | TB(0) | CM(-)