FC2ブログ

















年上の女

民主党は27日、衆院選で政権を獲得した場合、教員免許取得に必要な大学の4年制養成課程を、2012年度から大学院2年も義務化して6年制に延長する方針を固めたらしい。教員の指導力向上が目的とか。今年4月に始まった教員免許更新制度は「教育現場の負担が大きく、効果が不透明」として新制度導入に合わせ廃止するそうだ。免許取得前1年間の教育実習も義務付けるという。

6年制の受け皿となる「教職大学院」は09年度現在、全国に24校しかない。民主党は、11年度までに都道府県ごとに設置した後、12年度から新制度に移行させる考えとか。
政権獲得後1年をかけて
(1)カリキュラムの策定
(2)教授陣の選考
(3)教育実習受け入れ校の確保―
などの準備を進めるという。

教員免許更新制は「教育再生」を掲げた安倍内閣が「不適格教員」排除を念頭に導入を決めたらしい。教員免許を有効期間10年の更新制とし、更新前に30時間以上の講習を義務付けたとか。しかし講習時間確保を求められ、教育現場の負担が大きいなど問題点が指摘されているという。

民主党は現職教員の質の向上策として、免許取得後8年以上の現場経験を積み、「教科指導」「生活・進路指導」「学校経営」の各分野で高い能力を持つと認定された教員には「専門免許状」を与える制度も新設する方針。将来的には、校長や教頭などの管理職となるには学校経営の専門免許状取得を条件とする方向だそうだ。

どんだけ育成期間を延ばしても、社会経験ゼロの人間が教師になることには変わりない。一度外に出して、不適格者を炙り出すシステムこそ必要なのだ。大学院義務化はあまり意味が無いと思うぞ。それと引き換えに、免許制廃止は痛すぎるな。どんどんトンデモ率の高い職種になっていくな。

それともう一つ。
黒い教室的には、新任女教師が現行の22歳から24歳に引きあがるということだ。教育の理想に燃え、怖いもの知らずの小生意気な女教師が24歳とは、ちょいと違和感があるぜ。
そして、ある程度職場にも慣れ、かつ、まだ初々しさが残っている職歴3~5年くらいの女教師(黒い教室でいうと現行では雪村美佐先生)の年齢が、27歳以上になってしまうのも大問題だね。下手すりゃアラサーだ。まぁ、やみげんは熟女好きなので、それでも構わないのだが。

成り行きを注視しよう。

秘密の女教師・雪村美佐「暴虐の教室」
画像は、秘密の女教師・雪村美佐「暴虐の教室」より。雪村先生は25歳。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/08/28 22:26 ] 与太話 | TB(0) | CM(-)