FC2ブログ

















展望

大阪府枚方市内の市立中学校の校舎の窓ガラスを割るなどしたとして、枚方署は器物損壊の容疑で、いずれも枚方市在住の市立中学校に通う14~15歳の少年ら5人を逮捕したらしい。

少年らは容疑を認めており、「夏休みで面白半分にやった。反省している」などと供述しているという。

枚方署の調べでは、少年らは、今月1日、中学校に侵入し、校舎の窓ガラス91枚(被害総額約100万円)を、グラウンドを整備するレーキと呼ばれる金属製の器具で割った疑いが持たれているそうだ。

さて、昨日は気ぜわしい一日であった。
表現規制の巨魁、野田大先生が小選挙区で落選したにも関わらず、比例でゾンビ当選した時は、やみげんも思わず、ガラスを叩き割りそうになったぞ!

表現規制に熱心であった、カルトの退潮は喜ぶべき事だが、こちら側にとって、おそらく最強の代弁者であった保坂先生の落選は痛すぎる。是非、来年の参院選でリベンジ、早急に国会の場に戻っていただきたい。おそらく、田中康夫先生あたりがその穴を埋めるのではないか、とやみげんは見るがどうなるだろうか?

自民党も敗北したとはいえ、規制派の主だった面々の多くは残っているわけで、復権した時の脅威は大だ。ポルノ規制関連やネット規制関連で、落選運動の標的となった先生方が与党に返り咲いた暁には、報復規制を覚悟せねばなるまい。

一方で、民主大躍進で(全議員に占める割合が)過去最高の女性議員が誕生した。今後、小宮山大先生や大先生を通じて、財団法人日本ユ偽フ協会などの、接近が予想され、その点も監視が必要であろう。

こうなると、二次創作物の規制に関しては、反対の立場を明確にしている枝野先生だけが頼りなのだが、おそらく今後、党なり内閣なりの要職に就くことが予想され、それどころでなくなる可能性もある。睨みの緩んだ隙を突いて、民主内の規制派の先生方が好き勝手に話を進めるのではないか?そういった事も考えられなくは無い。情勢は、依然危機的なのである。

引き続き、規制が掛かることを念頭に対策を講じなければなるまいよ。

あぁ…早いところ、こういった話題は取り上げずに済む世の中になって欲しいものだわ。
引きこもって誰と話すわけでなく、アレコレ考えていると、どんどん話が先鋭化していくのがわかるね。
たかだか、場末のエロ同人で、これは良くない傾向だと思う。小難しい話なんか書かずに、ちゃんと仕事しろよ!という事;

今日からしばらくは、普通の日常に戻る予定です。

過剰体罰「ガシャーンッ!」
画像は、体育女教師「過剰体罰」より。岐阜1の方ありがとうございました!
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/08/31 07:19 ] 規制 | TB(0) | CM(-)