FC2ブログ

















本日発売!

千葉県教育委員会が本年度中に教職員を懲戒処分した16件のうち、わいせつ関連が半数の8件に上っているらしい。最も重い懲戒免職も近年で最多の10件に及んでいるそうだ。県教委は教員らから生徒を“守る”ため、セクハラ防止用リーフレットを中学、高校生に初めて配布したという。 

リーフレットは17日、政令指定都市の千葉市を除く市町村立中学校と県立高校、特別支援学校の中学・高等部の生徒に配ったとか。2008年度のアンケートで、県立学校生徒の1.8%がセクハラ被害を受けていたことを示し、相談員や県教委の相談窓口の連絡先が掲載されているそうだ。

文部科学省から出向中の教育長によると、06~07年度の教職員によるわいせつ事案は全国的に減少傾向にあり、年間5件以上あったのは数県のみという。教育長は「千葉県で不祥事、特にわいせつ事案が相次いでいることは残念だし、恥ずかしい。これまでの対策が抑止力になっておらず、(再発防止へ)あらゆることを考えていきたい」と話しているらしい。

県教委によると、教職員の懲戒処分数は04年度から26件(うち懲戒免職3件)、20件(5件)、17件(8件)、15件(4件)、22件(6件)と推移。二けたに達した本年度の免職の多さが目立っているという。

教育長は18日、千葉市を除く市町村立小中学校と県立学校の教職員に向け「緊急アピール」を出したとか。倫理観、教育愛、使命感などを求める内容で、「『家族に胸を張って話せるか』『見つからなければ大丈夫だと思っていないか』『第三者として新聞で見たらどう思うか』と常に自問し行動してください」などと呼び掛けたという。

「恥ずかしい」…ようやく気が付いたのか!世間はとっくに「教師の性犯罪の異常な多さ」を指摘してるんだけどね;

昨日の福岡もそうだが、横浜も研修会をやってるね。
セクハラ防止の研修会では、「例えば体育の授業、倒立をする時に女子児童には先に『支えるよ』と声を掛ける。『ダメ』と言われれば触らない。用心するのに越したことはない」と30代の男性教員。20代の男性教員は「おでこに手をあてて熱をはかるのにも気を使う」と、不安を口にしたらしい。

普通の先生方はホント肩身が狭いことだろう。

事が起きた時に、身内に甘い処分しかせず、被害者には暗に口止め圧力を掛け、最悪は事実を隠蔽し非を認めない、そんな現状を放置した自分らの責任だぞ!

…というわけで、BJ氏新作の催眠レイプ「母」、本日発売です^^
美しき母が乱れ悶えるのは、欲求不満の彼女自身のせいか?担任教諭の催眠術のせいなのか?あるいは彼の妄想なのか?早田教諭のトンデモっぷりも併せて、ご堪能ください。

催眠レイプ「母」_sp02
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/11/20 13:47 ] トンデモ教師 | TB(0) | CM(-)