FC2ブログ

















意向

全国の公立小、中、高校と特別支援学校で、児童買春や盗撮などのわいせつ行為により教員が懲戒処分を受けるケースが相次いでいるらしい。

1999年度に懲戒処分は97人(うち懲戒免職56人)だったが、その後、増加傾向をたどり、ここ数年は、150人前後で推移。2009年度は10年前の1.4倍に増え、懲戒免職も2倍近くに上ったそうだ。被害者は、勤務先の児童・生徒が4割を占めたとか。各教育委員会は処分基準の厳格化など、再発防止に取り組むが、十分な成果は上がっていないという。

文部科学省が47都道府県と18政令指定都市の計65教委を通じて調査した結果、09年度にわいせつ行為で処分された教員は138人。内訳は懲戒免職100人、停職24人、減給9人、戒告5人。懲戒処分には至らない訓告や諭旨免職も15人いた。09年度の事例(訓告、諭旨免職含む)を見ると、被害者が、勤務先の児童・生徒だったケースが63件(41.1%)で、対象行為は「体に触る」が55件(35.9%)、「性交」が33件(21.5%)、「盗撮・のぞき」18件(11.7%)など。中学教員が57人と最多で、高校教員46人、小学教員38人と続くそうだ。

まぁ、みんなとっくに気が付いてたけどね。真面目な先生たちはさぞ肩身が狭い事だろう。
ホント、連日だからな…同じ感想を書いて良いのなら、ブログネタには困らないぞ^^

さて、上のとりまとめを報じたのは読○新聞であるが、実は、この手のネタを最も多く扱うのは変態新聞かと思う。教育関連の記事を連日追いかけているやみげんの実感だ。

“変態”と罵ってからこっち、筋を通す意味もあってこの新聞社の記事は引用しないように心がけてきたが、悔しい事に教育問題の取材力は群を抜いている。
特に、エロ教師の事件は「一体、どこから仕入れてくるんだい?」というくらい、地方の瑣末なエロ教師を取り上げる事が多い。もちろん他紙には見当たらない。

そしてさらに、その記事からは、「こんなトンデモエロ教師が!」「あんなステルスロリ教師が!」と嬉々として伝えている印象を受けるのだ。児ポ改悪推進の時のような「だから、こうやって解決せねばならぬ!」といった論説は、こと教育問題に限っては、圧倒的に少ないように思われる。まさに変態新聞的傾向。
こうなってくると、やはり社の“意向”として、そういった報道をしているように思えてくるね。

ひょっとして、その“意向”もやみげんの“隠された意向”に近いのではないか?そんな疑念を抱いている。

ライマン先生の変態新聞sp04
画像は、ライマン先生の変態新聞より。ライ○ン記者は、今、何処で何をしているかな?
スポンサーサイト
[PR]

[ 2011/02/22 18:00 ] 規制 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/1023-3e0f27e5