FC2ブログ

















久々

福島県教委は19日、酒気帯び運転をしたとして、本宮市立中の女性教諭を同日付で懲戒免職にしたらしい。

発表によると、女性教諭は8月8日午後11時20分ごろ、車で郡山市内を走行中、水田に転落した。呼気1リットル中0.15ミリ・グラム以上のアルコールが検出され、郡山北署に道交法違反(酒気帯び運転)容疑で書類送検されたそうだ。

教諭は、同市内の温泉浴場で昼から夕方にかけ、焼酎の炭酸水割り(中ジョッキ)を2杯を飲み、帰宅途中だった。「教師として取り返しのつかないことをしてしまった」と話しているという。

県教委では2006年10月から、酒気帯びや飲酒運転をした場合は原則懲戒免職とする基準を設けており、懲戒免職は3件目。

久々の!久しぶりの女教師ネタがコレである。

男の先生がどれだけトンデモなのかが良くわかるね。まぁ、大分の件では、女性校長、女性教頭が逮捕されているのだから、全く無かったと言うわけではないが。

以前から、何度も提案しているのだが、この際小学校の先生は、女性ばかりでもいいのではないのか?女の先生に教えてもらったほうが、成績がUPするなんて話も聞いた事があるぞ!
当然、教え子相手の猥褻事件や、体罰は激減するだろう。その分、男子児童相手のショタ喰いはあるだろうが、これまでの男性教諭たちの行ってきた不埒な悪行三昧に比べれば、ケタ違いに少ないはずだ。

このところ、各方面で不毛な教育改革の議論がなされているが、「小学校は女性だけ採用」という黒い教室からの大胆提言は、案外実効性と、即効性があるかもしれんぞ。中学になってくると、体格も大きくなり、相手が女性だと言う事を聞かなくなってくるかもしれない。それに、やみげんのようなエロ目線の生徒達ばっかりになってくるだろうから、実現はなかなか難しいと思う。

「小学校は女教師のみ」
関係各位には、是非一度、一考願いたいものだ。

最後に、酒気帯びとはいえ、酒飲んでハンドルを握る事は遺憾事なのだから、処分はやむを得まい。むしろ、自損事故で済んでよかったと言うべきだろう。

由紀子先生酔っ払い
画像は、女教師由紀子「愛奴計画」より。酒乱の由紀子先生。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2008/09/20 20:00 ] 女教師 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/105-f68c63e5