FC2ブログ

















事情

文科省は、この春に教員免許更新制に基づき免許の有効期限を迎えた全国の教員のうち、98人が免許を失効した、と5日発表したらしい。対象者約9万5千人の0.1%にあたるそうだ。

免許更新制は2009年度に始まり、幼小中高・特別支援学校の現職教員は10年ごとに30時間の講習を受けることが義務付けられた。今回が初めての更新期だったとか。98人はこの講習を受けなかったため免許が失効したらしい。このほか約500人が失効前に辞職したという。

どうして、こんな事になったんだ?98人。

春に、「どうも免許を失効しそうな教員が多数居る」との報に接した時には、政権交代で更新制が廃止されるのを期待した不届き者が、ギリギリまで様子を見ているのではないか?と考えていた。

だけれども。
ひょっとしたら、そういった狡賢い連中は、とっくに更新を済ませていているかもしれないね。
本当に真面目な先生が、「激務に追われるあまり、講習のスケジュールが押さえられなかった」ってな事を思った。
あるいは、真のトンデモ教師で、悪事が露見しそうな状況にあり、いずれ懲戒免職が見えているセンセイは、失効を理由に辞めちゃうほうが得だよね。退職金もちゃんと出るし。
様々ドラマがありそうですな。98人個別の事情を知りたいです。一定の傾向が見てくるかな?

中に、クラス担任を受け持ってる先生も含まれていると思うけど、教え子達にはどう報告されるのか、気になるところです。

「淫郭の妖蒼」(オフ本)
画像は、「淫郭の妖蒼」(オフ本)より。御蔭さまで、予定よりもハイペースで在庫が減ってます。お急ぎください。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2011/08/06 11:46 ] トンデモ教師 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/1112-2f9b6a8b