FC2ブログ

















タイムマシン

名古屋大や宇都宮大、神戸大などが参加する日欧の国際研究グループは23日、質量を持つ素粒子のニュートリノが光よりも速く移動するとの測定結果が得られたと発表したらしい。

アインシュタインの相対性理論は、質量を持つものは光より速く移動することができないとしており、今回の測定結果は相対性理論と矛盾する。結果が正しければ、科学全般に与える衝撃は計り知れないとか。

研究グループは、2009年に実験を開始したそうだ。スイス・ジュネーブ郊外の欧州合同原子核研究所から約730キロ離れたイタリア中部の研究施設にニュートリノのうちミュー型と呼ばれるものを飛ばし、到達するまでの時間を最新のGPS技術などを使って精密に測定。光速よりもニュートリノが60ナノ秒(1億分の6秒)早く到達し、光速より約0.0025%速かったらしい。

測定は過去3年間にわたり約1万5000回実施しており、観測ミスや誤差があるとは考えにくいという。 

現代物理学の基本法則の一つとされている相対性理論では説明できない測定結果が出たため、研究グループは世界中の研究者に検証してもらう狙いで結果を公表することにしたそうだ。

地味に報道されていたようですが。
証明されれば、結構、スゴイ話に思えるなぁ…世界が変わるぞ。

やみげんの浅い知識では、光速よりも速い物質が存在すると言う事は、(実際に移動できるかは別にして)過去を検証したり、未来からの情報を受け取る事が、可能になるのではなかったか。光速の倍以上の速度は必要なんだけ?間違ってたらスイマセン。

過去(現在)が、未来からの情報を受け取る事によって行動を変え、未来の出来事に影響を与える因果律の破綻とか、目茶目茶興味がある。
人生とか、運命とか、自身の存在そのものの味方が変わるだろうね。たぶん、そこに哲学的な思考は必要ないと思う。

だが、その前に。
過去(現在)に位置する我々が、未だ未来からの情報を受け取れて無いという事実は、やはり光速より早い物質は存在しないか、あるいは、それを応用したタイムマシン的技術が開発される前に、人類は滅びたという事になる。

やみげんは、後者のほうがロマンがあっていいと思うよ。
人類滅亡は、遠い未来かもしれない。明日かもしれない。

変身女教師・真野未来sp02
画像は、「変身女教師・真野未来」より。明るい未来なんぞ何処にも無い。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2011/09/24 18:34 ] 与太話 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/1161-1816bc48