FC2ブログ

















火傷

8日午前11時ごろ、藤沢市立小学校で、3時間目の理科の実験中に男性教諭(32)がアルコールランプを倒した際、芯(しん)が女子児童(10)の顔や手に当たり、火傷を負ったらしい。

藤沢北署が事故原因を調べている。同署によると、教諭は、校舎1階理科実験室で、同小4年1組(児童数33人)の理科の授業中に「アルコールランプが倒れたときの対処方法を教える」と児童全員を教卓周辺に集め、実際に火の付いたアルコールランプを倒し、教卓上で燃え広がらせたという。その際、火の付いた芯が外れ、被害児童の顔に飛んでいったという。

同市教育委員会は「そのような対処方法を教えるカリキュラムは教科書や学習指導要領にもない」とした上で、「とても危険な行為。大変申し訳ない」と話したらしい。

なんだぁーコイツは!
いきなりこんな奇行には走らんだろうから、これまでも、トンデモ授業をやってたのとちゃうか?こんなのを、よく事故が起こるまで放置してたな。副担任とかはおらんかったのか?

今も昔も、教えんでもええ事を教えたがるセンセイのなんと多いことか。教わるほうは大迷惑やぞ、下手すれば人生そのものが狂うからな。
どうせ、そういった自覚もなしに、お気楽に好き勝手やってるんやろね。
他人様の人生を左右する重大さと、教育の理想の間で、悩みまくり、結局結論が出ないまま定年を迎える。そんな教師のほうがカッコイイと思うぜ!仕事なんだからさ、そんなもんやろ?

どーしても教えたいことがあるんやったら、私塾でも開けよ、と思う。

被害児童の火傷の痕が、どうにか残らないことを願うばかり。
それすなわち心の傷となるからな。
それこそ人生が狂うわ。

破戒の蒼炎sp01
画像は、BJ氏新作「破戒の蒼炎」より。商品ページの設置はちょっと待ってってくださいな。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2011/11/09 17:45 ] トンデモ教師 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/1206-1d369203