FC2ブログ

















搾取

子ども買春や人身売買、児童ポルノの根絶に向けた「子どもと青少年の性的搾取に反対する世界会議」が11月25~28日、ブラジルのリオデジャネイロで開かれるらしい。

これに先立ち、日本ユニセフ協会は今月6日、東京都内で準備会合を開いた。世界会議への参加予定者ら約90人が集まり、政府や国際NGOの代表者がこれまでの国内の取り組みや課題などを報告したという。

子どもの性的搾取とは、買春、人身売買、ポルノなど、子どもを性的な対象として扱う虐待行為を言うそうだ。

性的搾取の中でも、状況が悪化しているのが児童ポルノの問題だ。米国では、認知された児童ポルノのサイト数が2001年に2万だったのに対し、06年には34万と激増。準備会合では、日本も児童ポルノのサイトが多数つくられている国の一つとなっている現状が指摘された。

国際NGO「ECPAT/ストップ子ども買春の会」共同代表の報告によると、05年3月~06年10月の集計で、日本は、米国、ロシアに続き3番目に児童ポルノのサイトが多い国という(ECPATスウェーデンホットライン調べ)。

欧米諸国では、児童ポルノを所持すること自体を犯罪とする国が多いが、日本の児童買春・児童ポルノ禁止法では画像の「単純所持」を処罰することができない。性的なポーズをとった水着姿の子どもの画像も、性的虐待を描いたアニメも取り締まれないため、早急な法整備が必要なことが強調されたとか。

会合では最後に、日本ユニセフ協会大使のアグネス・チャンさんが、「児童の性的搾取の問題は、深刻化、広範化している。官民あげて様々な立場の人たちが連携し、子どもの保護のために行動を起こす必要がある」と呼びかけたらしい。

この世界会議は1996年にスウェーデン・ストックホルムで、2001年に横浜で開催されたのに続き、今回が3回目とか。

「性的搾取」って何だ?勝手に言葉で遊んでんじゃないよ!
もう、ご存知の方が多いと思うが、念のため日本ユニセフについて説明しておく。

正式名称は、財団法人日本ユニセフ協会。国連のユニセフとはなんの関係も無い。
訪問、無差別郵送のダイレクトメール等によって集められた寄付金25億円を使って、港区高輪に協会のビル「ユニセフハウス」を建設したそうだ。

「搾取」してんのはアンタらだろ?

捏造変態記事を配信し続けた毎日新聞からも多数、評議委員として名を連ねている模様。

ECPAT/ストップ子ども買春の会ってのも、チョー胡散臭さげな団体だな!HPも2006/10/05(12日18:50現在)から全然更新されてへんやん!ってか日本ユ偽フとつるんでるだけで、アウトだと思うぞ。

変態新聞sp04
画像は、ライマン先生の変態新聞より。恐るべきマッチポンプ
スポンサーサイト
[PR]

[ 2008/10/12 20:00 ] 規制 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/127-48042e38