FC2ブログ

















高齢化

さて本日は、同郷の友達に逢ってきた。
彼との話の中で、様々感じることがあったのだが、それはまた、別の機会に書こうと思う。

それよりも、高齢化である。
彼との待ち合わせは新宿西口の地下交番であった。
今回に限らず、もう何十年も新宿での待ち合わせは、東口交番か、西口地下交番と決めている。

約束よりも遅れてくると連絡が入ったが、どこかの店に入り時間を潰すには中途半端な時間であったので、西口のロータリーの付近をウラウロと徘徊。
それでも時間を潰しきれずに、少し早めに交番前に立った。

週末の繁華街。地上は冬の雨である。
地下はいつも以上に混雑していたのではないか?そして、おそらく新年会か何かで、待ち合わせの人たちが、私同様に西口交番前で群れを成していた。

そして、気が付いたのだ。
周りは、私以上の“じじばば”ばかりではないか!わたしですら、若者の部類。

昨年よりも、一昨年よりも、数年前よりも、十年前よりも、二十年前よりも、あきらかに高齢化している。
若者を見つけるのが大変だ。子供を見つけるのはもっと大変だ。

やみげんは、普段田舎に住んでいるので、周囲は老人ばかり。高齢化、というよりは、取り残された過疎地の当たり前の風景として日常となっている。
しかし、都会の高齢化は、桁が違うな。老人が群れを成してる感じ。

そらぁ~、老人に向けた政策ばっかになるわな。若者が本気出しても、数が違いすぎる。絶望的に。
日本の今の借金は、この老人達が作ってきたものである。彼らの貯蓄は、国の借金によって支えられた好景気、雇用によって、蓄えられたものだ。

その今借金は、若者に増税という形で圧し掛かろうとしている。そして、もちろん彼らの年金も、若者によって支えられている。

どんだけ搾取されているか知ったら、暴動が起きても良いレベルだぞ。
若者は、マジで怒って良いと思う。

老人学園
画像は、「老人学園」より。じじぃ共は好き放題!
スポンサーサイト
[PR]

[ 2012/01/21 23:27 ] 与太話 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/1277-29f764aa