FC2ブログ

















年度替わり。

千葉県茂原市立の中学校で、新年度にクラス替えする2年生を対象に、「一緒のクラスにしないでほしい人」などを実名で答えさせるアンケートを配布していたことが、わかったらしい。

保護者から不適切との指摘を受け、同校は「生徒、保護者への配慮が足りなかった」と、回収したアンケートを破棄することを決めたという。

同校によると、アンケートは14日、2年生122人に配布したとか。「クラス替えにあたっての要望事項」と題し、「どうしても一緒のクラスにしないでほしい人」「できれば一緒のクラスにしないでほしい人」「小学校からの問題で気になっていることや相手の氏名」の三つを記入させたらしい。

保護者の署名も求め、16日を提出期限としていたそうだ。保護者からは「不適切な内容ではないか」など数件の苦情が寄せられ、同校はアンケートを中止し、すでに提出のあった一部は廃棄することにしたとか。クラス替えするかも白紙に戻したという。

同校教頭は「楽しいクラスをつくるためだった」と釈明し、茂原市教委は「保護者の指摘はもっともだ。より子供に配慮するよう指導していく」としているらしい。

社会に出ても、“嫌な奴”はいくらでもいるからなぁ…ただ、その環境から離れる、という選択肢が、わりと現実的な解決策として在る。

でも、学校でそれをやろうとすると、転校や不登校など、将来を左右しかねない極端な手段しかないからなぁ。
今回のようなやり方はアホとしか言いようが無いが、やはり、大人の"調整能力"のようなものが、必要とされると思う。その点、仕掛けどころを年度替わりとしたのは、いいタイミングであったと言えよう。

大人の場合は、なにも“嫌な奴”から逃げなくても、うまくやれば、自分の周辺から“嫌な奴”を排除・駆逐することも出来る。あるいは、“嫌な奴”をそうでない奴にする、人たらしの術を持っている人も少なくないだろう。
でも、それを子供に望むのは無理というものです。
先生方には色々工夫して、「楽しいクラス」を作っていただきたいもんです。

さて、その年度末。学校は、ただいま卒業式シーズン。

新年度、穏やかな春の日差しの中、爽やかな風に吹かれ進学する人、進級する人、留年する人、社会に出る人…、皆新しい環境で頑張るのですね。
夢や希望を持って、あるいは不安と緊張の中で過ごしているかもしれない。そこに“嫌な奴”“好い奴”の区別は無い。

毎日、ほとんど起伏無く過ごしているやみげんでも、そんな昔があったことを思い出した。

今は、節目無く時間が流れていくけど、それでも、たまに劇的な変化はあるなぁ。
これまでのところ、変化は「悪いほうへ」、が多かったように思うけど。
そしてそれは、大抵突然やってくるわけ。新年度を心待ちにし、新環境に備える、そういった時間はもちろん無い。
心の準備整わず、ただただ狼狽している中で事象が経過。いつしか、その変化に遭遇した際の新鮮な衝撃を忘れ、だらだらと、弛緩した時間へと戻っていく。

でもね、それが良い変化であった場合。
そして運良く、次に起こる変化に巻き込まれなければ、新年度同様に、夢・希望の類は、(かなり遅れてではあっても)自覚することが出来るぞ。今回は、図らずも、年度替りの時期と重なった。

次の変化…少しだけ待ってくれ。

ぼくらのよーこ先生「センセェ~あそびましょ!」 sp03
画像は、ぼくらのよーこ先生「センセェ~あそびましょ!」 より。楽しいクラス。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2012/03/16 22:38 ] トンデモ教師 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/1332-328fe80c