FC2ブログ

















UL2

文化や教育政策について党の方針を話し合う、民主党文部科学部門会議が17日あり、著作権法を修正し音楽や動画の海賊版ダウンロード(受信)に罰則を設けるかどうかを審議した。「もう少し議論を慎重にすべきだ」「罰則は行きすぎでは」などの反対意見が出て参加者の合意が得られず、党としての結論は次回以降の会議に見送られたらしい。

罰則化をめぐっては、自民、公明両党が、懲役2年以下、200万円以下の罰金を科す修正案を民主党側に打診。民主党も実務者レベルでは修正案を受け入れ、今国会への提出が閣議決定されている改正著作権法案の一部として盛り込むことで合意していたそうだ。

罰則化導入に前向きな自公両党は、引き続き修正案を受け入れるよう民主党側と協議を続ける方針とか。仮に民主党の合意が得られない場合でも、今国会での法案提出を目指しているという。

すでに、決定事項かと思っていたのだが…マスコミのミスリードだったのね。
運用によっては、警察犬の拡大に繋がる法案だけに、慎重なのは結構なことだが、違法アップロードおよび違法ダウンロードが放置されている惨状を嘆くものとして、なんとか良い方向に議論を進めていただきたいと願ってます。

自公が前向き、マスコミの世論誘導で思い出されるのが、児ポ法改悪騒動だ。
児童保護という、本来の目的を置き去りに、やみくもに言論・思想統制、表現の自由を危うくする悪法成立に邁進する姿は、異様であったな。

そう考えると、今回のDL違法化も、なにか別な思惑があるのでは、と勘ぐってしまうね。
今一度、中身を検証しよう。

中国ネット最前線―「情報統制」と「民主化」中国ネット最前線―「情報統制」と「民主化」
(2011/01)
渡辺 浩平

商品詳細を見る

スポンサーサイト
[PR]

[ 2012/04/19 22:19 ] 規制 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/1366-662a1928