FC2ブログ

















秩序

小学校時代に担任だった女性教諭が勤務する小学校に、殺害を予告するメールを送りつけたとして、警視庁捜査1課は8日、脅迫の疑いでJA全農青果センター職員(22)を逮捕したらしい。同課によると、容疑を認めているという。

逮捕容疑は今年2月15日午後4~5時ごろ、都内の区立小学校のメールアドレスに、女性教諭を名指しして「殺人予告です。先生をナイフで刺します。顔に火炎瓶を投げつけます」と脅迫するメール66通を送りつけたなどとしているそうだ。

同課の調べでは、容疑者は川崎市内の漫画喫茶店内のパソコンから、小学校時代の同級生の男性を装ってメールを送信。通信記録の解析などから、容疑者の関与が浮上したらしい。

女性教諭は、容疑者が卒業後は交流がなかったと説明しており、同課は事件の経緯を詳しく調べるという。

動機…気になるね。

何年も経って、かつての教え子に脅迫されるとは、先生という仕事も大変だと、つくづく思う。
上の先生はいくつだったのかしらん?あわせて気になります。

当たり前の事だけど、ベテランになればなるほど、教え子と呼べる人数は増えるわけだからな。中には“変な奴”も一定数含まれとるやろ?いや、特別“変な奴”でなくっても、非常に理不尽な人間関係の中で、逆恨み、されやすい立場だろうし。
だけど、その割には、かつての教え子が、実際に報復行動に出た、という話は、あまり聞かない。

社会秩序は、まだまだ保たれてるということか。
「教師と教え子の信頼関係が…」とは思わんが、ある意味、教育がうまく行っているのかもしれんね。

引き裂かれたレオタードsp02
画像は、新作「人妻女教師 引き裂かれたレオタード」より。こちらもある意味、逆恨みによる悲劇。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2012/05/08 22:00 ] 女教師 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/1384-19879137