FC2ブログ

















どの道。

東京電力が4月から電気料金を値上げしたことを受けて、横須賀市は7月1日から学校で使用する電力を「特定規模電気事業者」(PPS)で最大手のエネットから購入することを決定したらしい。契約対象の学校は小学校が47校、中学校が22校など、合わせて71校の72施設であるという。

東京電力の電気料金と比べた場合、使用量に応じた単価は同額だが、基本料金が1kWあたりで291円、比率にして17.8%も安くなるとか。エネットと契約する14カ月間の電気料金を合計すると、約2400万円も削減できる見込みであるという。

今回の契約対象になる72の施設が使用する電力は合計で7485kWになり、年間の使用量は約1300万kWhにのぼるらしい。大規模なオフィスビルの電力使用量に匹敵する規模であるそうだ。

夏。
PC作業さえなければ、エアコンなんか使いたくないんだけどさ。

個人は、選べないのよね…イライラする。早よ選べるようにして欲しいなぁ。値上げしてボーナス出すとか、ホントにお客を下に見てる、バカにしてるのがわかるわ。

対抗手段としては、とにかく節電しかない、と思ったけど。
やみげんの理解によれば、今の総括原価方式だと、「皆で節電すればするほど電気代そのものは上がる」ということでいいのかな?
こんなに明確な理不尽は、生きてても珍しくないか?無力すぎる。

節電にせよ、料金滞納にせよ、ホントに電気使えなくなりそうだな…どの道。

雪村美佐電気責め
画像は、秘密の女教師・雪村美佐 「囚虜の美獣」より。電気代が心配。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2012/06/08 22:35 ] 与太話 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/1412-e7f3b243