FC2ブログ

















隠蔽。

さて、ここ数日、学校関係の話題は、例の大津の事件についてのものが多いね。

数日前に、ブログで少し書いたけど、この間、加害生徒、担任の実名や写真、保護者の会社や親族の職歴まで、ネットに流失している。
情報を総合すると、この事件を地域ぐるみで隠蔽しようとした印象は拭えないし、ささやかれる他殺説も、さもありなんだ。

やみげんの中学時代も、同級生の焼身自殺について、学校は緘口令を敷いた。当時であれば、あるいはつい最近までなら、真実を闇から闇に葬り去ることも可能であったろう。

学校の全生徒が認知している事件を、隠蔽することなど、もはや不可能なのだ。そのことを、今回の隠蔽に関わった大人たちは、知らなかったのか、あるいは甘く見たのか。むしろ悪い結果になっている気もする。

しかし。
万一、加害者側に回ったと思うと、ゾッとするわ。悪いことは、なるべくせんことやな。
怖い怖い。

教室の悪魔―見えない「いじめ」を解決するために (ポプラ文庫)教室の悪魔―見えない「いじめ」を解決するために (ポプラ文庫)
(2009/08/20)
山脇 由貴子

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR]

[ 2012/07/09 19:57 ] トンデモ教師 | TB(1) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/1441-e9933aff


-

管理人の承認後に表示されます
[2012/07/11 04:28] URL