FC2ブログ

















新設ブーム。

民主党の「大学改革ワーキングチーム」(座長=鈴木寛・元文部科学副大臣)は12日、高校生の学力を等級で示す「高校教育検定」の創設や、大学や短大などの修了者を同学年人口の95%に増やす高等教育の量的拡大を柱とした大学改革の報告書をまとめたらしい。

新たに4兆円を投入する内容で、今月中にも党内の機関決定を行い、次期総選挙のマニフェストに盛り込む方針だという。

「高校教育検定」は、高校生の学力を教科ごとに「1~5級」で示し、級取得者に大学受験を認める仕組みとか。取得者には、各大学が論文や英検などで思考力や語学力を問うことで、2段階の選抜方法に転換する考えだそうだ。

また、全国約800の大学を「学修大学」と「研究大学」に分けて機能を強化し国際競争力を高めるそうだ。さらに、同学年の約70%にとどまる高等教育修了者を増やすことで、若年失業者を現在の約10%から3%へ減らす目標を掲げたという。

少子化が進む中、次々と、なんだかよく分からない"無駄な"大学が新設されているわけだが、これは、その学生確保の為なんだろうなぁ。

1980~90年代の新設ブームは、第2次ベビーブーム世代に合わせたものだったと、説明がつく。だけど、このところのそれは、私学助成が絡んだ、文科省の天下り利権によるものではないのか。事務局とかに、結構な数天下ってるそうじゃないか。

学歴が全てとは言わんがね。
無責任に大量の大学を新設した事で、高卒並の大卒が巷に溢れる。就職活動をめぐり、よく企業と学生のミスマッチが問題となっているが、そもそもからして、要求される能力を満たしていないのだ。ミスマッチ以前の問題。大卒の就職率が、下がるのはあたりまえだわ。

そんでもな…所詮は民主党マニフェスト。
なんぼ、利権がらみでも、実現は無いと見たが。

教育実習生物語「雨・濡らして…」sp02
画像は、教育実習生物語「雨・濡らして…」より。頑張れ女子大生!
スポンサーサイト
[PR]

[ 2012/07/14 23:44 ] 与太話 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/1446-51d63d8e