FC2ブログ

















同居人。

自分の子どもの裸の画像や動画を提供したとして、宮城県警はことし上半期(1~6月)、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、6人の母親を逮捕したらしい。動機の多くは「小遣い稼ぎ」といった短絡的な理由で、県警は安易な販売行為をやめるよう呼び掛けているという。

仙台地裁で11日、同法違反の罪に問われた被告の女(27)の初公判があったとか。女は法廷で、「夫と離婚するために生活費が必要だった」と動機を供述したそうだ。

起訴状などによると、女は2010年11月、ともに当時2歳の息子と8歳の娘の裸を撮影した動画データを、男性に送ったとされるらしい。男性から受け取った報酬は約10万円とか。女は「お金のために自分のことを優先し、子どもを利用してしまった」とうなだれたという。

県警は09年以降、児童ポルノを提供した親たちの取り締まりを強化し、ことし6月末までに県内外の計17人を逮捕したらしい。

目的は小遣い稼ぎがほとんどで、使用済みの下着を売買するオークションサイトなどを通じ、児童ポルノの愛好家と知り合っていた。撮影された子どもは性別を問わず、中には生後7カ月の息子の裸を映した動画までも商品化されていたそうだ。

県警少年課次長は「画像や動画がインターネット上に流れれば、データは一生消えない。子どもを守るべき親が、子どもを売り物にしてはいけない」と訴えているという。

生後7ヶ月男子はスゴイな…こんなのに需要があるのね。信じられん。
これはひく。

それにしても、宮城県警、頑張るな。知事がキ印条例に必死なだけあるわ。
この事件は、前にブログで扱ったことがあるんだけど、具体的な金額とかが出たのは初めてだね。
8歳の娘の画像は、成人以降もその本人とヒモ付けされるかは、疑問だし、逆に救いの部分であるけれども、その事実を本人が知った時の、「母親が私を売った」精神的な傷は大きいと思う。やっぱりやめたほうがいい。

気になったのが、この女が理由にした「夫と離婚する為の生活費」である。
「離婚する"為の"」は、おそらく、新たな住居の確保なり訴訟準備なり、そういう事だろう。しかし、準備段階ですでにお金に窮してるのだ、離婚後の生活もままなるまい。
稼ぎの悪い夫だったのか、それとも、奥さんにお金の管理を一切任さないタイプの夫だったのか。

気持ちはとっくに離れ、冷め切っている。いや、むしろ相手を嫌悪するようになっていても、一緒に暮らさねばならぬ。
夫も気持ちが冷めていてくれればまだ良い。ただの"同居人"と割り切るテもある。
でも、夫がのんきで妻の心の変化を読めず、あるいは薄々気がついていても、そこは知らぬ顔で、"通常の"夫婦生活を求めてくるようだと、毎日が地獄だわね。さらにDVとかが付いた日には、もうね…。

経済的理由で、離婚できず専業主婦をやってるというのは、一種の拷問やと思う。
それが、何年も続くわけだからな。やみげんだったら、経済的な恩恵を捨ててでも、自由を選ぶところやわ。

上の女の人の事情はわからんけども、離婚後の生活はどうするつもりだったんだろう?ひょとして、離婚後、経済的苦境に見舞われた時、今度はホントに娘の身体を売るのではないか。
そんな、おぞましい人の心が見える事件であった。

離婚の手続きとすすめ方離婚の手続きとすすめ方
(2006/01/27)
比留田 薫

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR]

[ 2012/07/17 21:36 ] 規制 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/1448-ada63c8b