FC2ブログ

















出入り

インターネットサイトへの接続を強制切断する「ブロッキング」をすり抜け、運営サイトで児童ポルノのDVDを販売していたグループが警視庁などに摘発された事件で、米国の国土安全保障省が、米国でこのサイトを管理する会社役員(38)(東京都豊島区)を児童ポルノの広告や所持を禁止する米連邦法違反容疑で逮捕していたことが、捜査関係者への取材でわかったらしい。

日本からの情報提供に基づく措置で、日米の捜査当局が連携して同一グループを摘発するのは異例だという。

同庁が米国側から受けた連絡によると、被告は今月6日(現地時間)、児童ポルノのDVDを販売するための広告をネット上に出していたなどとして、米・サンフランシスコで国土安全保障省に逮捕されたとか。被告は、児童ポルノのサイトを管理しており、サーバーに多数の児童ポルノの映像が残っていたという。既に、起訴されているそうだ。

内偵捜査の段階で警視庁は、グループが、米国にある10台以上のレンタルサーバーを使ってサイトを運営していることを突き止め、数か月前、在日米国大使館を通じ、同省に情報を提供したらしい。

日米を年に数回行き来する会社員被告が実質的にサイトを管理していることを割り出したうえで、今月2日、注文取りまとめ役、DVDコピー役ら6人を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(提供など)容疑で逮捕したほか、翌3日に2人を逮捕したそうだ。

会社員被告はこの時、既に米国に渡航しており、同省は、警視庁から連絡を受け、逮捕に踏み切ったという。

なんかの協定があったな。
少なくとも日米間においては、このテの捜査協力が進んでいる。

今回は、容疑者が渡米していたから逮捕に至ったが、(当局からの照会に限り)IPアドレスなどの情報開示も、数年前に比べれば随分と容易になっているはずだ。
この先、「米国にサーバーがあるから違法行為も大丈夫」とは言い切れなくなって来たね。

児童ポルノに関して言えば、米国のほうが厳しかったりするから、捕まったヒト、ご愁傷様である。

でもなぁ。
米国がダメ、となると、中国、ロシアに逃げるだけだからな…酷いもんだ。
やみげんが、追いかけたクズサイトなんかは、オーストリアのサーバー使ってたで。こうなってくると、もうね。

「出」のほうが、どーしようもないので、「入」をなんとかしようぜ、というのが最近の考え方のようですな。不法ファイルDL違法化もその流れ。
法律に頼るまでもなく、、ブロッキングやグーグル八分(検索してもそのサイトが出なくする)など、運用面で危険極まりない技術だけども、不法行為には有効なんだろうなぁ。

ネットが、どんどん狭くなってくね。
心中複雑。

PURE ANGEL・夏美
画像は、PURE ANGEL・夏美より。いよいよ夏本番です!
スポンサーサイト
[PR]

[ 2012/07/19 22:00 ] 規制 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/1450-7f35905e