FC2ブログ

















運痴

今春から中学校の保健体育でダンスが必修化されたのを受け、高知県教委は31日、指導者向けの講習会を高知市の県民体育館で開いたらしい。

「フォークダンス」「民謡」「現代的なリズムのダンス」「創作ダンス」の専門家を講師に迎え、教諭ら約40人が効果的な指導方法などをを学んだという。

「現代的なリズムのダンス」では、高知市でダンススタジオを主宰する沖島唯浩さんが、ヒップホップダンスの基礎的なステップやジャンプを指導。参加者は4人1組になり、「リズムに乗って、自由な発想で考えてみて」との指示で振り付けのアレンジに挑戦。呼吸を合わせるのに苦労しながらも、思い思いのダンスを披露したそうな。

高知大付属中学校の女教師(47)は「ヒップホップなど経験したことがなかったが、体の動かし方ひとつで腹筋や背筋が鍛えられるなど新しい発見があった。講習で学んだことを参考に曲を選んで、生徒に教えていきたい」と話していたという。

「ヒップホップ、生徒のほうが上手で困る」
とか、笑える事態が起こるらしいで。先生、頑張って下さい。

ダンスは、「運動に親しむ資質の育成を図るためには多くの競技を経験させる必要がある」という観点から必修化されたとかで、一方の「武道」よりは、共感できるかな。武道は、たぶんろくな事にはならんやろ。事故連発と見たで、きっと。

まぁ、ダンスにしろ武道にしろ、運痴のやみげんには地獄の授業やろな。きっと体育および、その担当教員を憎悪したことだろうよ。
ダンスとか、恥のかかされ方がハンパないやろなぁ、きっと。

でも。
「創作ダンス」ならやってもええかな…。

山海塾みたいなヤツ。

スポンサーサイト
[PR]

[ 2012/08/01 23:40 ] 与太話 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/1463-b8792203