FC2ブログ

















断髪。

長崎県北松佐々町立中学校で、2年の女子生徒(13)が7月31日の登校日に「髪が長すぎる」と強制的に切らされていたことが7日、分かったらしい。町教委もこの事実を把握。教育長は「学校の対応は適切でなく、生徒への配慮が足りなかった」としているという。

同校などによると、職場体験学習を翌日に控えた31日、2年生(166人)の集会があり、身だしなみを検査。男女約30人が注意を受けたそうだ。このうち、前髪が長かった女子生徒に教諭が「切って帰るように」と指導。集会後、生徒が持っていたはさみで、自ら前髪を3~4センチほど切らせたらしい

女子生徒の保護者が3日に学校に抗議し教諭らは謝罪。保護者は「娘は泣いて帰ってきた。まずは家庭に改善するよう伝えてほしかった」と憤る。校長は「(夏休み前から)本人に再三、注意したが改善が見られなかった。事前に保護者に相談するなどの配慮に欠けていた」としているという。

校長先生が言うことがごもっとも。「まずは保護者に」はあってよかったな。この程度の手順も踏めないセンセイはどうかしてる。
ただし、保護者からの同意を得られなかった場合、どうするつもりだったのか、興味はあるがね。
また、たとえばこの生徒が、宗教上の理由で髪の毛を切らなかったとしたらどうだ?確か、学校であっても、無理やり髪を切るのは「傷害罪」にあたる、との判例も見た。

つまりは、学校では生徒の風紀については、指導は出来ても強制は出来ないという事だ。
昔のように「校則は従ってあたりまえ」ではない現在、先生方も大変かと思います。“トンデモ校則”は、今でも沢山存在するというからな…良識ある先生ならなおさらです。
「なぜ、髪を切らなければならないのか」という合理的な説明が出来ない、生徒を納得させられないセンセイは、髪の毛の長さについて口を出すのはやめた方がいいと思うぜ。

さて、世の中には「断髪フェチ」なるものが存在するらしい。
髪を切る行為、そのものに性的興奮を覚える人達だ。相手の同意を得ない場合を言う。正確には「髪フェチ」に分類されるらしい。

「短髪フェチ」などという言葉が出だした最近は、そうでもないのかも知れないが、かつて長い髪は女性の象徴であり、女性“そのもの”として、フェチの対象となった。
その髪を、女性から断つ事に喜びを感じる分けだから、高度に屈折した感性とも言える。

上のセンセイ、まさか髪フェチと言うことではあるまいが。
残念ながら、やみげんにはその感性は無い。
まだまだ、である。

奇譚クラブ (68) 乳奴隷・断髪責め [VHS]奇譚クラブ (68) 乳奴隷・断髪責め [VHS]
(2000/04/25)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR]

[ 2012/08/09 21:42 ] トンデモ教師 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/1470-7f776057