FC2ブログ

















終戦記念日。

15日午前7時50分頃、大津市御陵町の同市役所別館2階の教育長室で、出勤してきた市教育長(65)が、部屋に入ってきた男に鉄製のハンマー(柄の長さ30センチ)で頭を殴られ、右目の上を切る軽傷を負ったらしい。騒ぎを聞いた市教委の男性職員(28)がその場で男を取り押さえ、駆け付けた滋賀県警大津署員が殺人未遂容疑で現行犯逮捕したという。

発表では、男は、さいたま市在住の私立大1年の男子学生(19)。調べに対し、大津市の市立中2年の男子生徒(当時13歳)が自殺した問題を巡り、「インターネットやテレビでいじめの報道を見て、教育長が真実を隠していると思い、許せなかった。殺してやろうと思った」と供述。2週間前にさいたま市を出て、ホテルに泊まったり、野宿をしたりしながら大津市に来た、と話しているという。

同署によると、沢村教育長が部屋で着席した直後に男子学生が入室。教育長が席を立つと、男子学生がハンマーで殴りかかってきたといい、職員が駆け付けた時、教育長は頭から血を流しながら、男子学生を押し戻すようにしていたそうだ。

男子学生は針金(長さ約50センチ)の両端に木片を付けて握れるようにした自作の道具も持っていたとか。

教育長室のある別館2階には市教委事務局があり、出入りは自由だったという。

教育長は、中学2年の男子生徒が昨年10月に自殺した問題の対応にあたってきたらしい。全校生徒アンケートでは「自殺の練習をさせられていた」との回答があったのに市教委が公表していなかったことが今年7月に発覚。教育長は「いじめと自殺の因果関係はわからない」と発言し批判され、その後、「自殺の要因の一つにいじめがあると思う」と述べていたという。

これは予想された事だね。
警備が手薄だったと言う事は、なめ切ってたんだろうな。別な報道によれば、教育委員会の職員の1人は「暴力は絶対に許されず、残念だ」とコメントしたそうだが、いじめ事件全体を通しての隠蔽工作を見るに付け、何おかいわんや、である。

やみげんは、暴力は最低だと思うし、決して肯定するモノではない。
しかし残念ながら、結局最後は暴力が物事を決する事も理解しているつもりだ。

すべては“現象”である。
その事を前提にしつつ、誤解を恐れずに書く。

秋葉原事件を思い出した。
それまでウダウダと議論ばかりで、その問題点が長く放置されていた派遣法を、犯人の彼は一撃で改正させた。改正法の内容も含め、その結果が良かったとは思わないがね。とにもかくにも、事態を動かしたのは暴力である。
もちろん、無関係な一般人を犠牲にした事には怒りを感じる。どんな理由をもっても正当化は許されない。誰も異論はなかろう。
だから彼は、秋葉原からさほど遠くない、“本丸”にトラックで突っ込むべきであった。きっとその後の評価もまるで違ったものになったと思う。
事件後、その“本丸”の警備が厳しくなったと聞く。自らが「憎悪の対象である」と認めた証左ではないのか。

今ある、法律なり道徳なりは、時の支配階層にとって都合よく作られたものに過ぎない。被支配者が、その法律、道徳を使って世の中を引っくり返す事は、どだい無理なシステムなのだ。ゆえに、被支配層に生き、聡明で有れば有るほど、気が狂わんばかりの社会の理不尽と戦う為には、暴力に拠るのが簡単かつ強力なのかもしれん。

でも、実は、それとは別な方法があるのだと信じているのだがね。こちらは少し時間が掛かる。

本日終戦記念日…年を追うごとに不愉快な日になって行く。本来は、もっと厳粛な日であるべきなのだろうが。
特に今年は騒がしいね。
こっちもあんまり調子こいてると、とんでもない事になりますよ。

ピコピコハンマー ミニKOハンマー 増田屋コーポレーションピコピコハンマー ミニKOハンマー 増田屋コーポレーション
()
増田屋コーポレーション

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR]

[ 2012/08/15 20:25 ] トンデモ教師 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/1477-8eb194b6