FC2ブログ

















指。

金沢市内の市立小学校で6月、教頭(59)が指導のため小学1年の男児(7)を1メートル四方の空きスペースに閉じ込めた際、男児の小指を骨折させたとして、金沢東署が重過失傷害容疑で教頭を書類送検していたことが24日、分かったらしい。

書類送検容疑は、6月7日、職員室の向かいにある配管などが通るスペースに男児を入らせ、鉄製のドアを閉めた際に、左手の小指を挟んで骨折させた疑いとか。男児は治療のため5日間入院したという。

金沢市教育委員会によると、男児が大声を出すなど落ち着かない行動を取ったことから、担任教諭が教頭に指導を依頼していたらしい。市教委は「検察庁の処分を踏まえて(教頭の処分を決める)県教委に報告したい」とのコメントを出したという。

あ”ーっ、学習障害の子だったんやろか。かわいそうにな。
この子自身も、何で自分が起こられるのか理解できてないだろう。親御さんだって、普通に授業を受けさせたいだろうしなぁ。
周りのクラスメイトも、平穏に授業を受ける権利を害される。担任だって、「問題児は排除すればいい」と、そうそう割り切れはせんだろう。

にしても、小指骨折は頂けない。もうちょいやりようは無かったか?
ただ、担任教諭から、教頭に指導を依頼していた、という事実は、学校としては比較的イイ学校ではないか、との印象を受けた。
先輩、上司の助けを受けられず、学級運営が泥沼化する先生も多いと聞くからさ。

しかし、この指の骨折は痛そうだな。
神経とか大丈夫やったんだろうか?骨折具合によっては、思うように動かなくなったりするらしい。

やみげんは、少しだけギターを弾くのだが、幸いこれまで、五体満足ならぬ十指満足であったことに感謝している。
今振り返れば、指の1本や2本無くなってってもおかしない、際どい場面は幾つもあったからさ。(いや、いわゆる“ケジメつけんかい!”ではないで。)

右手の指に障害を負った場合、左手の指に障害を追った場合、それぞれに、克服の仕方はあるわけだが、やはり、大きく演奏の幅が制限される事に間違いは無い。

この先もなんとか、指を失わずに生きていければなぁ。
そんな事を考えた。

スライド・ブルース・ギター名作選 [初回限定盤]スライド・ブルース・ギター名作選 [初回限定盤]
(2011/03/16)
オムニバス

商品詳細を見る


スポンサーサイト
[PR]

[ 2012/10/27 21:00 ] 与太話 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/1547-a7641211