FC2ブログ

















講師

大分県の教員採用試験を巡り、点数改ざんによって不正に合格したとされ、採用を取り消された小学校臨時講師の男性(23)が「身に覚えのない不正を理由に採用を取り消され、精神的苦痛を受けた」などとして、県教委を相手取り、大分地裁に損害賠償請求訴訟を起こす意向を固めたことが分かったらしい。

男性や代理人を務める「おおいた市民オンブズマン」の弁護士によると、男性は大分大4年の時に2008年度の小学校教員採用試験に合格し、今年4月から県内の小学校に勤務した。しかし、県教委が点数改ざんに使われたとされるパソコンデータを解析した結果、不正合格者21人の1人とされ、9月に採用取り消し処分を受けたという。現在は同じ小学校に臨時講師として勤務しているとか。

男性は口利きをした人物名など不正の経緯について、県教委からいっさい説明されずに処分を下されたといい、読売新聞の取材に「何も知らされないまま一方的に『不正合格者』とレッテルを張られた。県教委の責任も明らかにし、不正がどのように行われたのか、裁判を通じて本当のことを知りたい」と話しているそうだ。

弁護士は「訴訟によって口利きルートの解明に結びつけたい」と強調。今後、賠償請求額などを決め、採用取り消し対象とされたほかの教員らについても、相談を受け付けるという。

まぁ、そらぁそうなるわな!何もかもが不透明だからね。
直近、2008年度採用の先生しか切ってないわけだから、彼個人の口利きルートなど瑣末な事に思えてくる。今後数十年、この重苦しい不信は、大分の子供らにのしかかるだろう。大人たちの罪は重いぞ!
一方で、他府県はよかったな!自分らに飛び火しなくって。それでも、大分の件のおかげで多くの人が疑いの目を向けている事を忘れないでいただきたい。

いまさらどうしようもないが、能力が足らずに採用された先生は、人並み以上に勉強して、どうかいい先生になってもらいたい。せっかく“公務員”という安定した地位にいるのだ、案外「名誉挽回」のチャンスはあると思うぞ。問題は実力で採用されたと思っているヒトが多い事だがね;

間違っても、己の無能をもって、罪も無い子供らの将来を歪めるような事はするなよ!先生の当たり外れは、人生に深刻な影響を与えるからさ。

ライマン先生の変態新聞
画像は、ライマン先生の変態新聞より。今のトコ唯一の講師作品^^
スポンサーサイト
[PR]

[ 2008/10/26 20:00 ] トンデモ教師 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/173-91870163