FC2ブログ

















研究

子どものころ長期にわたり強い体罰を受けた人は、受けていない人より脳の前頭葉の一部が最大で約19%縮んでいるという研究結果を、熊本大大学院医学薬学研究部の准教授(小児発達社会学)が米ハーバード大医学部との共同研究でまとめたらしい。体罰と脳の萎縮(いしゅく)の因果関係を実証した研究として、体罰のあり方に一石を投じることになりそうだ。

准教授は筑波大で開かれている「都市化社会と脳の健全育成」を主題としたシンポジウムで25日、研究結果を発表するという。11月に米ワシントンでも学会発表の予定とか。

研究は米国で、4~15歳のころに平手打ちされたり、むちで尻をたたかれたりするなどの体罰を年12回以上、3年以上にわたって受けた米国人の男女23人を対象に実施。MRIで脳の断面図を解析したところ、体罰を受けず育った同年代の22人に比べ、感情や意欲の動きにかかわる前頭前野内側部が平均19.1%、集中力や注意力にかかわる前帯状回が16.9%、認知機能にかかわる前頭前野背外側部が14.5%小さかったそうだ。

小児期に過度の体罰を受けると行為障害や抑うつなどの精神症状を引き起こすことは知られているが、脳への影響は解明されていなかった。今回の研究で脳の萎縮がみられた人については、体罰でストレス下に置かれた脳が、前頭葉の発達を止めたと考えられるという。

これ、ホントだとしたら怖いなぁ…やみげんの幼少期はこんなもんじゃなかったぞ!とにかく厳しい親であった。今考えると児童虐待もいいトコだ。
なるほど、これらの障害には覚えがある。私も前頭葉が痛んでるということか?どうしよう…一度病院に行ってみるか。

大人でも強烈なストレスのかかる状況下では、思考停止するからなぁ。
美しい女教師が不良生徒たちの罠に堕ち、神聖な教室で犯されまくったあげく、生徒の部屋に何日も監禁され陵辱の限りを尽くされる。
その結果、何時、如何なる場所でも生徒のチ○ポを咥え込む従順なマゾ奴隷となるわけであるが、この過程も、脳の機能と関連しているんだろうね。

まぁ、自己崩壊をリアルに描写すると、さすがに陰惨すぎないか。やっぱ、犯られても犯られても、毅然としている女教師のほうが嬲り甲斐があるわけで、完全に堕ちきった描写にはあまり魅力を感じない。

雪村美佐電気責め
画像は、秘密の女教師・雪村美佐「囚虜の美獣」より。女教師にストレスを!
スポンサーサイト
[PR]

[ 2008/10/27 20:00 ] 与太話 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/174-90880def