FC2ブログ

















地図

青森県教委は7日、八戸の高校の教諭がインターネットの大型検索サイト、グーグルの「マイマップ」に生徒の名前を登録し、誰でも閲覧できる状態だったとして、情報を削除したことを発表、同日付で県立学校や市町村教委に注意喚起の文書を出したらしい。

県教委によると、教諭は今年8月1日ごろ、家庭訪問に利用する目的でマイマップに生徒34人分の姓や姓名を書き込んだ。地図上の生徒の住所には目印が付いていたそうだ。

八戸市の中学校でも6日、同様の事例が発覚。これを受けて、県教委の担当者が同市内の地図を検索し、学校関係者が登録したとみられる情報を7日に発見したとか。この情報が不正に利用されたとする報告は、現段階ではないという。

教諭は雑誌でマイマップの活用法を見つけて利用。情報を誰でも閲覧できると知らなかったという。県教委は「インターネットは便利だが、安易な使い方は危険」と危機意識を持つよう呼び掛けているそうだ。
マイマップは情報を広く共有できる「一般公開」と、一部の人が利用する「限定公開」に分類されているという。

へ~。こんなサービスがあるとは知らなかった;まぁ、知ってても使う事はないだろうがね…引きこもりだから...orz
登録していたのが、名前だけでまだ良かったね^^家庭訪問用だったというが、電話番号とか書いてあったら大騒ぎだったろうよ。

さて、この「マイマップ」機能。
調べてみるといろいろ不具合があるようだ。一度登録した情報が、削除されずに残るといった(おそらくバグによる)現象が確認されている。「削除に時間が掛かる」ではなく「削除されない」のだ。県教委は「削除した」そうだが、これは本当なのか?ちゃんと確認したほうがいいかもよ。

まぁ、それ以前に、なんぼ“非公開”と言っても、ネット上に個人情報を上げる気にはなれんのだがね。教える先生がこれじゃ、生徒の認識も甘くなるわね。

由紀子三国志
画像は、女教師由紀子「放課後は全裸授業」より。地図を見ながら三国志の授業。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2008/11/08 20:00 ] ほのぼの | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/186-9b23a8d2