FC2ブログ

















ブタ

教室で飼育したブタをめぐる映画「ブタがいた教室」が話題を呼んでいるが、津南町の津南小学校の5年生児童67人が13日、飼育してきたブタとのお別れ会を開いたらしい。「命」と「食」の大切さを学んだ子どもたちは3匹のブタと涙でさよならしたという。

5年生の児童は、総合学習の一環で食用豚の飼育に取り組んだそうだ。人間の食が動物の命と引き替えに成り立っていることを実感してもらうことが狙い。同町の養豚業者「つなんポーク」から3匹の子豚を買い取り、12月の出荷前まで約2カ月間、子どもたちが交代で世話をしたという。

「ミルク」、「ヨンサマ」、「マーブル」と命名され、子どもたちの愛情を受けて育ったブタたち。40キロだった体重は90キロにまで増え、順調に生育したらしい。

お別れ会では、児童全員が呼び掛け形式で子豚の思い出を語り、「大切な仲間だよ」とメッセージを送った。別れの直前にブタはグラウンドに放され、気持ちよさそうに走って児童と最後の触れ合い。ブタがトラックに積まれ激しい鳴き声を上げ抵抗すると、子どもたちの多くは涙をぬぐっていたという。

ブタがいた教室」ってのが映画になるらしいね。
是非を論ずる事は、実際にこのふざけた授業を行った、大阪の先生の思惑通りなんだろうなぁ。だから今回は、軽く紹介だけに留めるね。

かわりに「牝ブタがいた教室」ってのはどうだ?
小○生が集団でクラス担任の女教師を嬲り、調教するという「性」の奥深さを描いた作品だ。2カ月間女教師のウチにまで押しかけて、24時間体制で子どもたちが交代で陵辱・調教をする。子どもたちの愛情をたっぷり中出しされた牝ブタ女教師が、順調に愛奴として堕ちていく。

いいねぇ~^^

リサ校長メスブタ
画像は、リサ校長の場合「追跡」より。ドンピシャ!「メスブタ」がぁ!
スポンサーサイト
[PR]

[ 2008/11/15 20:00 ] ほのぼの | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/193-4393a893