FC2ブログ

















勘違い

国会議事堂

麻生太郎首相は19日、都内で開かれた全日本私立幼稚園PTA連合会全国大会であいさつし「しつけるべきは子どもより母親だと言った幼稚園の園長を尊敬している」などと保護者側に厳しい発言を繰り返したらしい。

首相は「妹が幼稚園の先生をしていたので苦労を聞かされた」と切り出し、「お子さんの後ろに付いている親で苦労している人もいると思う」「はしの持ち方のしつけは家庭でやるものだと言おうものなら、あの先生は親切じゃないという話になる」と教員に話しかけるような表現が続いたことから教員の会合と勘違いした可能性が高いという。

ただ、途中で保護者が多いと気付いたのか「子どもは愛情を持って育てるべきだ」と急に批判をトーンダウンさせたらしい。

別に正しい事を言ってるんだから、トーンダウンする必要はないかと思うがね。保護者ばかりの講演会(実は今回はそうだったわけだが)で、先生を叩いたりするのであれば、信念の無い余計なサービス精神だとは思うぞ。
この時の映像を見たが、たしかに居並ぶママさん方はムッとしてた。まぁ、例によって相手を見下したような言い方だったから、また敵を作ってしまったのではないか。

さて、「勘違い」と言うよりは「早とちり」なのだが、解散がどんどん先延ばしにされてる。おまけに延長国会なんて話が出てるもんだから、児ポ法改正に反対のやみげんとしては気が気でない。先日、審議がたったの3時間で国籍法の改正案が衆院通過したわけであるが、あんな恐ろしい法律がさっさと通ってしまうわけだから、児ポ法改正だってなにかの弾みで成立なんて事になりかねない。

この際、「さっさと解散しろ!」とは言わんよ。なんなら任期満了まで解散無しでもオモシロイねぇ…児ポ法改正さへなければ、の話である。

今日も読売が、「単純所持」違法化に向けて地ならししてたみたいだし、だらだら会期延長なんかしてくれるなと思う。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2008/11/20 20:00 ] 規制 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/198-9138ca35