FC2ブログ

















ヤプー

戦後を代表する奇書「家畜人ヤプー」の作者とされる天野哲夫(あまの・てつお)氏が11月30日死去したらしい。

82歳。告別式は近親者で済ませたという。

雑誌連載を経て1970年、沼正三(ぬましょうぞう)の筆名で刊行された「ヤプー」は、作家の三島由紀夫が「マゾヒズムの快楽の極致だね」と絶賛、ベストセラーになったとか。

作者の正体をめぐり、元判事説など諸説あったが、後に天野氏が「ヤプー」を書いたのは自分と告白していたそうだ。

ご冥福をお祈りいたします。

随分若い頃に読んだ記憶がある。その頃は作品の良さが分からんかったなぁ…読みきった記憶がない。あるいは長い作品だから、最後を憶えてないのかも…今度、改めて読んでみよう。
私が聞いた沼正三の正体は、天野哲夫ではなく三島由紀夫であった。天野氏は“2代目”とする説が、どうも本当っぽいとやみげんは思う。

2000年後の宇宙大帝国イースでは、日本人が奴隷以下の存在、家畜人ヤプーとして使役され、各種肉体改造までほどこされ、家畜以下の存在として扱われている。SM小説と言うよりは、SFのカテゴリーに入るようにも思える。

さて、今日「改正国籍法」が成立したね。偽装日本人によって、日本人が奴隷以下の存在になるのは、そう遠くないかもしれない。

家畜人ヤプー〈第1巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)家畜人ヤプー〈第1巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)
(1999/07)
沼 正三

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR]

[ 2008/12/05 20:00 ] 与太話 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/213-7569bdd3