FC2ブログ

















妖怪大戦争!

自民党有志でつくる日教組問題究明議連は29日、文部科学省の担当者らを招いて党本部で第4回会合を開いたらしい。この中で、兵庫県西宮市教組の会報「西教組ニュース」(08.12.4発行)が「ここ数年は、教頭任用者のほとんどは組合推薦です」と昇任人事への介入を「告白」している問題が指摘されたらしい。文科省側は「あってはならないことだ」として、次回会合で調査・指導結果を報告することを約束したという。

教員人事は都道府県教育委員会に権限があるが、実際は昨年夏に発覚した大分県の教員採用・昇進にかかわる汚職事件の事例が示すように、教職員組合による推薦・斡旋など不適切な実態が指摘されているそうだ。

一方、「西教組ニュース」は堂々と「行政や非組合員からの(教頭)任用をどう減らしていくかが今の重要な課題」「『民主的な職場』『ゆとりある職場』づくりのため、教頭推薦を完全に集約しましょう」などと記していたとか。

会合ではまた、兵庫県教組が昨年12月、公務員に認められていないストライキを計画し、県教委との交渉で「一定の成果があった」として直前に取りやめた事例も報告されたらしい。民主党の輿石東参院議員会長の「教育の政治的中立はありえない」発言も議題となり、出席議員からは「安全保障と教育は、自民党と民主党が最も異なる部分であり、次期衆院選の争点となりうる」 といった意見が相次いだという。

いいぞいいぞ!やっちまいな!
と、めずらしく自民党を応援したくなる話だ。これは「潰し合い」の続報だね。
が。
この日教組問題究明議連の会長は誰あろう、児ポ法改悪推進の代表格、森山真弓大先生(栃木2区)、そのヒトなのだった。
ご存知の通り、黒い教室は児ポ法改悪、断固反対!の立場をとっている。あんな無茶苦茶がまかり通れば、エロに限らず、生活の全てが不自由になるだろうよ。また、やみげんは日頃から教育の現状を憂いてはいるけれど、トンデモ教師達のおかげで、いろいろとネタを拾っていることも事実だ。
従って、「どっちを応援する?」と問われれば、当然この議連はNGという結論になる。

栃木2区の方…頼んます!

そうそう。この議連には義家先生も参加してるんだよね。この人も、独特の胡散臭さを撒き散らしている人物だ。ひょっとしたら、相当なトンデモ議連なのかもしれない…ヤンキー先生=自民党・町村派。。。(゚c_,゚`。)プッ

蛭田教頭「本当なんですか?」
画像は、女教師和江「牝臭緊縛」より。蛭田教頭バンザイ!
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/02/02 20:00 ] 規制 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/272-b95e863f