FC2ブログ

















鑑定

中学生前後とみられる少女が撮影されたわいせつDVDなどが販売されていた事件で、県警少年課と今市署は二日までに、児童ポルノ禁止法違反(提供目的所持など)容疑で那須塩原市の古物商(44)=わいせつ図画販売目的所持罪で起訴=を追送検したらしい。少女が特定できない中で、立件の決め手となったのは、医学関係者による詳細な鑑定だったという。

調べによると、古物商は昨年12月9日、自分が経営するリサイクル店で、児童ポルノのDVD7枚を販売目的で陳列した疑いとか。

捜索で押収したDVDなどは約1400点で、うち児童ポルノとみられるものは約180点。だが、見た目は明らかに中学生前後でも、それだけで児童ポルノと断定できるわけではない。少女の身元も不明。そこで威力を発揮するのが鑑定だという。

立件した7枚については、医学の専門家が体格、骨格、発育状況などを詳細に鑑定。この結果、9-14歳という鑑定結果が得られ、県警は追送検に踏み切ったらしい。

一方、古物商には特定の仕入れルートはなく、古書などと同様、持ち込まれた品を買い取り、売れそうなものを複製して販売。その中に児童ポルノも含まれていたそうだ。わいせつDVDを扱うようになって、売り上げは大きく増えたとされる。

日本では現在、児童ポルノの単純所持は規制されていない。一般人による店への持ち込みは、児童ポルノがいかに市中にまん延しているかを浮き彫りにしており、複製・販売により、それがさらに拡散したことになるそうだ。

古物商は一連のわいせつDVD販売について「いつか摘発されるとは分かっていたが、生活のためにやってしまった」などと供述しているという。

かなり正確に判定できるらしいね。
17歳11ヶ月と18歳とは、どうやって見分けるのかは不明だが;

それでも、いくらかは科学的根拠が伴ってるモンなぁ…「18歳未満に“見えたら”アウト」みたいなキ印な事をほざいてる、ピンはね偽善団体に比べれば、マトモ過ぎる。

まぁ、そもそも「猥褻」の定義そのものが曖昧なので、お上がその気になれば、科学的鑑定なんざ関係ないわけだけどもさ。
だから、願わくば「猥褻」も科学的に鑑定して欲しいものだ。現代の脳科学を持ってすれば可能かもしれない。

でも、「猥褻」を10段階のレベルに分けるとして、レベル7からを違法としたとしよう。そうするとエロ業界は、6.95~6.99の間でしのぎを削る事になるわけだから、さぞ過酷だろう…それはそれで見てみたい気もするが、きっと今よりはるかにつまらない仕事になっちゃね。

PURE ANGEL
画像は、「PURE ANGEL」より。ほれほれ!鑑定してくれやぁ!
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/02/03 21:54 ] 規制 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/273-02ecd86f