FC2ブログ

















競争

犬山市の小中学校校長会が10日、同市図書館で開かれ、市内全小中学校の校長ら14人と教育委員6人が全国学力テストの是非について意見を交換した。意見交換は、前回の1月28日の市教委で教育委員から「教育現場の認識を聞きたい」との要望があったため、非公開で約2時間にわたって行われたらしい。

出席した校長、教頭全員が発言し、「テスト結果の情報公開請求を拒否できず、他市町村、学校間の序列化、過度の競争につながる」と、参加に否定的な意見がほとんどだったという。

また、全校の校長の連名による「開示を避けることができない現状での参加については慎重に討議していただきたい」との要望書が市教委あてに提出されたそうだ。

教育長は「要望書は現場からの勇気ある提言だ。校長会からの実質的な不参加表明だ」とし、市長は「市民感情と教育現場のずれが感じられる。参加することは犬山が目指す教育の成果を知らしめるよい機会と思う」とのコメントを出したらしい。

次回の市教委は16日に開催され、テスト結果の情報公開請求への対応を討議するという。

「勇気ある提言」って…頼むよ教育長!どうかしてるぜ!こんなヒトらが、事務次官経験者よりも年金をたくさん貰えるなんて、なんか間違ってないか?

ボイコットをちらつかせてまで、必死になるってこったぁ、よほど「無競争」と言うものは居心地の良い物らしい。これは、生徒達の事を思っての要望じゃないだろ?学校の序列がハッキリすると困るのは、このセンセイ達ということだね。そん中に、口利きとかで校長になったヒトがいたら笑えるなぁ…どんだけ「無競争」やねん!

楽チンな生き方だね。まったく羨ましい話だ。


リサ校長カエル
画像は、リサ校長の場合「追跡」より。彼女の学園は私立だからね。当然競争はある。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/02/12 20:00 ] トンデモ教師 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/282-6148be16