FC2ブログ

















実名

少女にみだらな行為をしたとして逮捕された際、実名で報道されて名誉を傷つけられたとして、沖縄県内の公立中学校の男性教諭が、同県内の民放3社とNHKに損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷は12日、教諭側の上告を退ける決定をした。教諭側敗訴の1、2審判決が確定したらしい。

2審福岡高裁那覇支部は教諭の請求を退けた1審那覇地裁判決を支持した。報道について、実名の必要性は認めつつ、教諭が逮捕後に不起訴(起訴猶予)となったことなどにふれ、「逮捕された事実を報道しておきながら、その後の経過を報道しない姿勢に報道機関のあり方を考えるべき点がある」と異例の付言をしていたそうだ。

1、2審判決などによると、教諭は19年3月、女子中学生にみだらな行為をしたとして県青少年保護育成条例違反の疑いで逮捕されたが、起訴猶予となったという。

当時、報道されたモノを探してみた。
>女子中学生にみだらな行為をしたとして、沖縄県警は15日、読谷村立古堅中学校教諭○実名○容疑者を県青少年保護育成条例違反の疑いで逮捕した、と発表した。
「ホテルの前をいたことはあるが、敷地には入っていない」と容疑を否認しているという。
調べでは、○○容疑者は2月17日、沖縄本島南部のホテルで、18歳未満と知りながら生徒にみだらな行為をした疑い。(07/3/15 朝日新聞)

あまりトンデモ教師の擁護はしたくないのだが、これはちょっとカワイソウな気がするなぁ。

そもそも、実名報道の基準がいまいちわからんのだが、どうなんだ?「この程度の事で実名とは」と驚かされるのもあるし、「なんで実名じゃないんだ?」と首をかしげる事件も多い。

真実はともかく、起訴猶予となったということは、決定的な証拠は出なかったってことだろ?
本当に無実だったら、やはり「人生狂わされた」感はあるわな。やみげんは、このセンセイに比べて失うものは少ないが、やはり自分に置き換えるとぞっとする。

ただでさえ、冤罪が問題になっているんだ!児ポ法改悪なんかされた日にゃ冤罪頻発、そこらじゅうで「人生狂わされる」報道が、なされる事だろうよ!

マスコミって、怖いね!気をつけよう。

振り向き蛭田教頭
画像は、リサ校長の場合「追跡」より。蛭田教頭「匿名の図」;
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/02/13 20:00 ] 規制 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/283-a25e1154