FC2ブログ

















海外

福岡県のアダルトサイト運営会社が海外のサーバーを利用して児童ポルノを提供した事件で、児童ポルノ禁止法違反(提供目的所持)などの疑いで逮捕された男らが、平成19年9月から今年1月までに、約2億円の収入を得ていたことが17日、警視庁と福岡県警の調べで分かったらしい。

同法違反とわいせつ図画販売目的所持の疑いで逮捕されたのは、福岡市博多区のアダルトサイト運営会社社長、(41)ら男女8人とか。

警視庁少年育成課の調べによると、社長らは不特定多数に提供する目的で、1月29日午後3時半ごろ、運営会社内のハードディスクに、日本人とみられる少女のわいせつな動画データを所持した疑いがもたれているという。

同課によると、動画は米・カリフォルニアのサーバーからダウンロードする仕組みとなっており、サイトは香港のサーバーにあった。会費はチェコの銀行を通じて集めるなど、複数の国が利用されていたらしい。社長は「海外なら罪にはならないと思った」などと供述しているという。日本人の客約6000人が契約していたそうだ。国外のサーバーを利用したアダルトサイトの捜査は難しいが、今回は海外のサーバー会社から早急な捜査協力が得られたことが、逮捕につながったらしい。

わぁ~おぅ!5ヶ月で2億円かぁ!ボロイ商売やなぁ…と思ったが、契約者数6000人と聞いて、意外に地道な商売だと分かる。どれくらい経費が掛かっていたかなど、不明な点を気にせず計算をしてみると、単純に、今回逮捕された8人で割って、5ヶ月で2500万円/一人。まぁ、それなりの金額であることは間違いない。

刑法175条・わいせつな文書、図画その他の物を頒布し、販売し、又は公然と陳列した者は、2年以下の懲役又は250万円以下の罰金若しくは科料に処する。販売の目的でこれらの物を所持した者も、同様とする。
児ポ法7条・児童ポルノを頒布し、販売し、業として貸与し、又は公然と陳列した者は、3年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処する。

果たして、割に合ってたのかな?どう思う?

ちなみに、海外のサーバを利用していても、 ホームページが日本語で運用されているなど、明らかに日本のユーザーのみを対象としている場合で、国内からデータが送受信されるなどしたときには、犯罪の一部が国内で行われたとして、我が国のわいせつ物頒布罪が成立するとした例があるそうだ。
今回の件は、まさにそれだね。児童ポルノってのも、当局を利したんだろう。

最近では完全に海外、つまり海外に法人を立ち上げて、海外のサーバーを利用して、無修正モノを販売する、ビジネスモデル(?)が確立されている様子だ。
やみげんも、最初に遭遇した時はビックリしたぞ!サンプル画像なり動画なりで、剥き出しのマ○コが堂々と見れる時代がくるとは思わなかった。

ただ、ちょいと行き過ぎの気もするがね。こういうのは、必ず新たな規制に繋がっていくからさ。

PC
画像は、由紀子~堕天使奪還~より。加藤君のPC。彼もやがては、“そういう”道に進むのかもしれない。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/02/18 20:00 ] 規制 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/288-8afb3600