FC2ブログ

















地ならし

ネット上の有害情報について通報を受け付けている「インターネット・ホットラインセンター」が、2007年中に確認した児童ポルノサイトは約1600件で、要請により画像などを削除させたケースはこのうち約340件(約21.1%)にとどまったことが4日、分かったらしい。

要請に強制力はなく、サーバーが海外だと直接の要請ができないことなどが不振の原因。削除直後に別のサイトに同じ画像が掲載されていたちごっこになるケースも多く、“愛好者”同士のネットを介した画像交換が国境を越えて横行、放置されている現状があらためて明らかになったそうだ。

児童ポルノをめぐっては、画像を個人で所有したり、サイトから自分のパソコンに取り込む「単純所持」に懲役刑などを科し、プロバイダー(接続業者)に捜査機関への協力や拡散防止の努力を義務付けた児童買春・ポルノ禁止法改正案を与党が衆院に提出しているとか。

同センターによると、07年の1年間で「児童ポルノを掲載しているインターネットサイト」として通報を受け、確認したのは1609件という。

「単純所持」に向けて、着々と地ならししてるねぇ~。
この「インターネット・ホットラインセンター」は、警察庁からの業務委託により運営されており、利用者からの違法・有害情報の通報を受けて対応を行い、活動実績を警察庁に報告しているそうな。
ただの民間団体のはずなのに、サイトの違法性を判断し、プロバイダや電子掲示板の管理者等に対して送信防止措置依頼を行っているそうだが、何を根拠に違法性を判断できるのかは謎である。

そういえば、通常国会の終盤、児童ポルノ規制で大々的にキャンペーンを張った、毎日新聞が大変な事になってるね。記憶が正しければ、先月末くらいから騒がれ出していたので、すでにご存知の方も多いかと思うが、黒い教室が到底及ばないような“変態”記事を9年間に渡り世界発信していたというもの。とにかくエロエロ記事のオンパレード。

まとめはコチラです。
毎日新聞問題の情報集積wiki

毎日新聞は、すでに児童ポルノ云々を論じる資格は無いように思われるのだが…;;;

由紀子セーラー服

画像は、女教師由紀子「第7章」より。由紀子先生の若かりし頃。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2008/07/07 20:00 ] 規制 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/29-d54f822b