FC2ブログ

















代償

第81回アカデミー賞の授賞式が22日行われ、滝田洋二郎監督、本木雅弘主演の「おくりびと」が外国語映画賞に選ばれ、短編アニメ賞でも加藤久仁生監督の「つみきのいえ」が受賞したらしい。

日本国内のメディアによると、外国語映画賞を日本映画が受賞したのは、同賞が1957年に独立した部門となって以来初めてとか。アニメ部門では、宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」が2003年に長編アニメーション賞を受賞しているが、短編部門では初の栄誉となったという。

「おくりびと」に主演した本木雅弘は受賞前、テレビのインタビューで「アメリカの方にも日本の心のもてなしというか、そうした作法みたいなものがとても通じたし新鮮に感じた、と言ってもらえたのでそれだけで十分」と話していたそうだ。

また滝田監督は、英語で行った受賞スピーチで「大変幸せ。この映画のおかげでこの舞台に立てた。これは私にとっての新しい出発。また(この舞台に)戻ってきたいと思う」と語ったらしい。

短編アニメ賞を獲得した「つみきのいえ」の加藤監督は、オスカー像を手に「大変重い」と感想を述べつつ、関係者に感謝の意を示したという。

おめでとうございます!

滝田監督のデビュー作は成人映画の「痴漢女教師」だそうだ^^なんだかウレシイね!
「つみきのいえ」も良かった良かった!やみげんもいい作品だと思います。

さて、昨年暮れのノーベル賞の時にも言われていた事だが、今回の日本作品受賞を、アメリカ発の世界同時不況と結びつける説がある。

この先アメリカは、不況脱出のために国債を乱発するわけだが、その引き受け先が日本というわけだ。中国も結構買ってるけど、「売る売る」うるさくって、これは安心できないわね。日本の場合、米国債とは言っても、換金できない国債だからさ。この迷惑な押し売りの代償が、昨年から続いている日本人の受賞ラッシュという訳だ。日本人を持ち上げているわけやね…だまされませんよ!

ただでさへ、手前の国で手一杯なのに、勘弁して頂戴よ!ええ?アメさんよう!
今夜、わが国の首相が訪米に出発したわけだが、ヘンな約束してくんなよ!

それにしても広末の強運恐るべし!だね^^

「センセェ~あそびましょ!」sp02
画像は、ぼくらのよーこ先生「センセェ~あそびましょ!」より。脱稿しました!3月初旬に発売予定です!
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/02/23 22:28 ] 与太話 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/293-087d30a8