FC2ブログ

















労働

文部科学省が全国の小中学生に配布している道徳の副教材「心のノート」の改訂版が13日、公表された。

小学1、2年向けで「働くことのよさ」を新たに盛り込み、全学年で「決まりを守る」大切さを強調するなど、4月から道徳で先行実施される新学習指導要領の改定内容が反映されているらしい。

小学1、2年の「大切なそれぞれのしごと」では、「一生けんめいしごとをすると気もちがいいね」「みんなだれかのやくに立つようにがんばっているんだね」と記述。3、4年では「自分のよいところはどこだろう?」も新項目として盛り込まれたとか。

中学では「日本人としての自覚をもって」との見出しとともに、昨年の日本人ノーベル賞受賞者や北京五輪の写真を掲載し、世界に貢献する必要性を説いたそうだ。

「心のノート」は平成14年度から配布。翌年の調査で使用率は小学で97%、中学で90%に達したが、実際の活用の度合いはばらつきが大きいとみられるらしい。今回の改訂は記述欄を大幅に増やしたのも特徴で、文科省は「教室での積極的な活用をうながしたい」としているという。

欲しいなぁ~「心のノート」!
きっと突っ込みどころ満載で、ブログねたが尽きたときには、重宝するんだと思う。一般人は、どこで購入できるのかな?

それにしても、義務教育って言うのは、巨大な「洗脳システム」だというのが良くわかる。金持ち連中が、小学校から私立に行かせたがるのもわかるぜ。
何度も書くが、こんな嘘っぱちを教えても、社会に出たときに子供らが食いモンにされるだけだろ?もっとも、“ゆとり”の時と根っこは同じで、「そういう」人間を生産することが目的なんだろうが。

道徳は、大人がちゃんと責任の取り方を示せばいいだけの事だ。空いた時間で、「天下り」とかを教えることを真剣に考えたほうがいいぞ!文科省はいやがるだろうけどもね;

「一生けんめいしごとをするとクタクタで、家に帰っても泥のように眠るだけだね」
「みんなだれかに搾取される為にがんばっているんだね」

センセイ!ぼくの人生って何なの?

聖教師 絵里奈sp02
画像は、聖教師絵里奈より。今一度言おう!「押し付けの道徳なんて、クソ食らえだぜ!」
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/03/13 20:00 ] トンデモ教師 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/311-1e687ab7