FC2ブログ

















モバイル

ガイアックスは2日、「学校裏サイト」や「ネットいじめ」の対策をサポートするコンサルティングサービス「スクールガーディアン」を教育委員会向けに提供開始したらしい。第一弾として、江東区教育委員会が区内の全22中学校を対象に導入した。ガイアックスによれば、東京23区で独自に学校裏サイト対策に取り組むのは江東区教育委員会が初めてという。

スクールガーディアンでは、子どもが頻繁に利用する掲示板サイトやプロフサイトを中心に、契約先の学校の生徒にかかわる書き込みを監視。利用実態を報告書にまとめて学校へ提出するとか。ネットいじめや個人情報流出などの投稿を発見した場合は、学校に通知するとともに、投稿が掲載されているサービス運営者に削除依頼を行うそうだ。削除依頼については、「前略プロフィール」や「ふみコミュ!」などのサービス運営者と協力体制を築き、削除依頼の実行性を高めているという。

ガイアックスによれば、江東区教育委員会では、ネット上のやりとりによる中学生のトラブルが2007年度に6件確認されていたという。一部の教員は自ら学校裏サイトの検索を行っていたというが、「追跡に時間がかかり、生徒を指導する時間が取れない」などの声が上がっていたためスクールガーディアンの導入に至ったとしている。年間予算は347万円とか。

ガイアックスでは4月中に江東区内の中学校全22校を調査し、報告書を提出する予定。5月には各学校の担当者を集めて、携帯電話を使用した体験講座や中学生の携帯電話利用の基礎知識についてレクチャーを行う研修会を開催するという。

「年間予算は347万円」は、監視専門要員一人分の人件費ということか?これ、税金だからね…皆納得してるならいいけど;ちゃまから、携帯を取り上げれば済む話だと思うけどね。どうよ?

さて、DMMアダルト様でモバイルコンテンツの配信が開始された。
黒い教室作品は、登録申請していないのだが、決して怠慢ではないのでお許しいただきたい。諸々、「検討中」といったトコロ。
やみげんは、携帯は全くと言っていいほど使わない、使っても「話す」だけ人なので、携帯コンテンツが一体どんなもんかというのが感覚的にも分かっていない。従って慎重になっているということもある。

携帯コンテンツの販売に関して、ちょっとアイディアはあるんだけどね^^裏でコソコソやってます。
SHOU先生のNORO-NORO様では2作品の申請をされたそうだ。発売されたら取材してみよう。

由紀子携帯電話
画像は、「女教師×父兄」由紀子製作委員会より。次の委員会作品は、もうちょい先になるかな。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/04/03 21:17 ] 規制 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/332-b49ab052