FC2ブログ

















旧校舎

校舎崩壊


公立小中学校の耐震化率が全国最低水準の大阪府高石市で、校舎の老朽化が深刻化しているそうだ。校舎の外壁ははがれ、雨漏りでキノコが生えた教室まで現れたらしい。市は先月末、危険な建物については本格的な耐震診断を始めることにしたが、補強は早くても1年以上先だという。

今月2日の朝、市立中学校の校舎脇に、子どもの手のひらほどのモルタル片が落ちているのを教頭が見つけたとか。2階の相談室付近の外壁だったという。市教委は外壁内の鉄筋がさびてモルタルが浮き上がったことが原因とみるそうだ。

「当たると危険なので、校舎の壁には近づかないように」。翌朝、各クラスの担任が生徒に注意を呼びかけると、「揺れてもないのに壊れるなんて」「地震があったら、おれら死んでまうやん」と騒然となったクラスも。生徒の一人は「もっとちゃんとしてくれ、と思った」と憤っているらしい。

同校では、昨秋にも壁のモルタル片が落下。一部は修繕したものの、むき出しのまま放置されている鉄筋が目立っていつそうだ。

少なくとも数年前から雨漏りも続いているとか。屋上の防水工事をしたが、今も最上階の3階の被服室と、その下の図書室で、天井や壁から水がしみ出す。被服室の壁の塗装ははがれかけ、コンクリートと木の継ぎ目からは親指大の白いキノコが何個も発生いるそうだ。

これは酷い;
なんか“放置”されてるよね。「見捨てられてる」感は拭えない。さぞや、生徒の心も荒廃していることだろう。
大きな地震が来ないことを願うばかりだ。

さて、以前「廃墟ブーム」というのがあった。やみげんも何冊か写真集を所蔵しているが、そのなかでも特にお気に入りなのが、「廃校」である。
ボロボロになった校舎は、陵辱の限りを尽くされた女教師そのものだ。数多の、エロエロ少年達の念が、壁や床、そこいら中にねっとりと張り付いているようで、妄想を掻き立てる。

だから「取り壊し間際の旧校舎」は、女教師を誘い出し、監禁・陵辱するには最高の舞台だ。なにか、見捨てられ、捨てられたモノたちの怨嗟の声が聞こえるようで、ゾクゾクしてしまう。

由紀子旧校舎

画像は、女教師由紀子「愛奴計画」より。彼女も旧校舎で襲われる。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2008/07/12 20:00 ] 与太話 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/34-798b9bd0