FC2ブログ

















ウ○チ

香川県高松市の市立中学校で、通常の生徒用トイレとは別に、個室1つだけのトイレが保健室隣に設置されたらしい。からかわれることを理由に排便をためらう男子特有の悩みを解消するための策とか。当初は生徒用トイレに小便器を置かない「完全個室化」も検討したが、管理の目が行き届きづらいことや、排便が大切な行為であることを教えるトイレ教育の観点から見送り、今回の「折衷案」で決着させたという。

通常のトイレとは別に、小規模な個室を設置するのは高松市立の小中学校では初めて。学校の男子トイレは大部屋に小便器と個室の大便器が並ぶのが一般的らしい。しかし、個室に入って排便すると「ウ○チをしている」とからかわれることなどから、学校では我慢する男子も多く、健康面で問題視されているという。

市教委では校舎新設を機に対処法を協議。男子トイレをすべて個室にして、入っただけでは「大」か「小」か分からないよう配慮する案もあったが、管理の目が行き届かないことや水の使用量が増える懸念に加え、「排便行為を恥じる子どもを認めた形になる」「自然に排便ができる雰囲気を作ることが大事」などの意見が大勢を占めたそうだ。

ホントに今の子供って、こういう事だけは大事にされてるなぁ…羨ましい。
まぁ、ウ○チ一回で、何年もイジメられる事を考えれば、個室設置は次善の策だろうな。

さて、通勤・通学途中で、突然、猛烈な下痢に襲われる「過敏性腸症候群」。
今や認知度も上がり、良い薬も出るようになったようだが、やみげんは、随分昔から、ソレであった。
少年やみげんにとっては毎日が地獄だった;それが原因でイジメられる事はなかったが。

だから、とってもよく分かるのだが、ウ○チを我慢して我慢して、個室に先客がいた時のショックは計り知れない。“不幸”の発生率も跳ね上がる事だろう。中学生での“不幸”はキツイぞ!

それこそ、生徒の一生を狂わせてしまうかもしれないね。

音花先生ウ○コ
画像は、女教師音花「淫ら縄」より。先生のウ○チぶりぶり^^
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/04/19 20:00 ] ほのぼの | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/348-46a86ce0