FC2ブログ

















アカハラ

東北大は13日、大学院理学研究科で教員の指導に過失があり、担当していた大学院生の自殺につながったとする内部調査結果を公表したらしい。大学院生は2年続けての教員による博士論文の受け取り拒否などで修了できなかったとか。同大は懲戒委員会で処分を検討しているが、この教員は今月に入り辞職したという。

同大によると、自殺したのは理学研究科で生物関係の研究をしていた博士課程の男性大学院生。大学院生は昨年8月、研究のデータ集めをした滋賀県内で自殺したそうだ。遺書には指導法への不満などはなかったが、翌月、両親から男性准教授(52)の指導に問題があったのではとの指摘を受け、内部調査委員会を設置していたらしい。

大学院生は2007年12月、博士論文の草稿を事前提出したが、准教授は大学院生と十分に議論せず受け取りを拒否。准教授は06年11月ごろにも、論文提出を延期するように指示しており、大学院生は2年連続で博士号の取得に失敗したという。

調査は、残された論文草稿やデータを見る限り、大学院生の研究は博士論文の審査水準に到達していたと判断。准教授が、具体的な指示を与えず、適切な指導を行わなかった結果、大学院生は学位取得や将来に希望を抱けなくなり、自殺に至ったと結論づけたそうだ。准教授は、08年1月に科学誌から大学院生の論文が掲載を拒否され、書き直しが必要になった際も、適切な指導を行わなかった。准教授は調査に「論文提出の直前までデータ整理に追われており、時間がかかると判断したが、指導に不適切な点があった」と話したという。

やみげんの、知り合いにもアカハラ被害にあったやつがいた。
元々、素材が良かった彼は、高校3年の2学期になってから受験勉強を始めて、名のある国立大学に、苦労なく受かった様子だった。

でも、ちょっと優秀すぎたんだよなぁ~必修科目の教授に狙い撃ちされた。相当なキ印教授だったらしい。知り合いの彼も、適当にやり過ごせばいいものを、それが出来なかったわけだ。聞けば、相手にやりこめるような議論を吹っかけたらしい…若気の至りだね。

報復として、何度レポートを提出しても不可を付けられ、留年させられた。
必修科目なので当然、次の年も履修を余儀なくされ、同様のアカハラを受けたそうだ。「オレが居るうちは、絶対に単位をやらんからな!」と言ったそうだから、留年どころか、卒業も絶望だわね。

結論から言うと、彼は無事に卒業できたのだが、問題の解決までには、かなりのエネルギーが費やされたそうだ。最後は、親が呼び出されて、研究室に軟禁され、散々罵声を浴びせられた上に土下座までさせられたと聞いた。

どうなってんだ?国立大!

由紀子ピラミッド
画像は、女教師由紀子「放課後は全裸授業」より。大学時代の由紀子先生^^
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/05/13 20:00 ] トンデモ教師 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/372-f5a11454