FC2ブログ

















速報連打

新型インフルエンザに陽性反応を示した男子生徒らが通う神戸市の高校では16日、校長が報道陣の取材に応じ「打つべき手は打ってきたが…」とうつむきながら沈痛な面持ちで答えたらしい。

校長によると、同校では5月に入り欠席する生徒が増えたため、13日から健康観察を実施。同日からの3日間で計12人がインフルエンザと診断された。15日には発熱で早退した生徒が数人いたという。

校長は「全校生徒に発熱の有無や体調を尋ねるなど、打つべき手は打ってきた。(感染の広がりは)結果的に予想を超えていた」と話したそうだ。

5月に入ってから海外渡航した生徒がいないことは分かっているが、家族の渡航までは把握しきれていないという。

同校では週末の部活動を取りやめ、生徒に自宅待機を求めることを決定。16日午前5時から、全校生徒約1000人に伝える作業に追われたという。

怖いねぇ~!もう随分蔓延しているんだろうなぁ。
月末に向けて、ちょこちょこお出かけ予定のやみげんは、戦々恐々だ。気温が上がって、ウィルスの活動が鈍くなる事を願うばかりだね。

さて、今朝も早くからあれこれ作業していたわけだが、インフルエンザ関連のニュース速報が、かなりの頻度で流されていた。

笑っちゃったのは、某最大野党の代表選の最中に、厚生大臣の記者会見をぶつけてきた事だね。
やみげんはノンポリなので、どちらを応援するものではないが、なんか「そこまでやるか!」というのが率直な感想だった。ホントは、もっと早くに検査結果も分かってたのとちゃうのかい?あまりにタイミングが良すぎて疑っちまうぜい!
ただ、仮にこの陰謀仮説が真実だったとしても、その野党にとっては、話題がそれてくれたほうがラッキーだったかもしらんね。いろいろと問題をかかえてる集団だからさ。

まぁ、“戦い”だからね~「使えるものは何でも使え」「やれることは何でもやっちゃえ」だ。
良いも悪いも無い。皆、それだけ必死なのさ。

やみげんも、少しは見習わねば!

女教師・恵理www3
画像は、女教師・恵理「囚われの図」。読み物は後ほどUP予定です。作者鵜藤真琴先生は、本日赴任です^^
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/05/16 20:00 ] 与太話 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/375-0a49f5ba