FC2ブログ

















風化

大分県教委の教育長は12日、県教委汚職事件から1年を迎えることを受け、課長級以上の臨時所属長会議で訓示したらしい。事件に対する反省を忘れず、教育再生に向けた改革の取り組みを強く推進するよう職員に求めたという。

出席した約30人の職員に教育長は「絶対に事件を風化させてはいけない」と強調。昨年の事件の反省から、「仕事は組織で取り組み、チェックも組織ですること」と念を押したとか。さらに学校現場に出向き、連携を深めていくよう促したそうだ。

会議後、記者団の取材に応じた教育長は、事件に関する一連の裁判が終結したことについて、「これで事件が終わったわけではもちろんない。県民の信頼を回復するため、県民に見える形で教育面での成果を積み重ねていく」と話したという。

「事件を風化させてはいけない」…嘘付け!

言ってる教育長自身に口利き疑惑があり、本人はなんの釈明も説明をせずに、どの口が言うのか?恥ずかしくないのか!
まぁ、彼の思惑通り事件はどんどん風化しているわけだけど、地元の人たちがそれを望んでるのなら仕方がない。カワイソウなのは、大分の児童たちなのだがね。

思い起こせば、PinkBlogからこっちに越してきたのもちょうど一年前であった。前ブログから数えるとまもなく2年か…まぁ、飽き性のやみげんとしては続いたほうだろう。

張り付きと思われる読者の数は全く増えてないけど、いつもいい加減な与太話に付き合ってくれてありがとう。感謝いたします。

これからもよろしくお願いします^^

ライマン先生の変態新聞sp04
画像は、「ライマン先生の変態新聞」より。こっちは10年近くもエロ記事を世界に向けて垂れ流していたぞ!これは誰にも超えられない。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/06/13 20:00 ] トンデモ教師 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/404-95c0444e