FC2ブログ

















タイトル

引きこもりの社会復帰を支援する「レンタルお姉さん」の名称が、ポルノ映画のタイトルにそっくりそのまま流用されたとして、“お姉さん”を派遣するNPO法人が映画配給差し止めの仮処分申請を決定。1日会見したお姉さんたちは「誇りにしていた名前を地に落とした」と号泣したらしい。

「レンタルお姉さん」は、引きこもりやニートを抱える親からの依頼を受け、20-30代が中心のお姉さんたちが手紙や電話、家庭訪問を通じて子供たちの心を開き、社会復帰を目指すというものだとか。NPO法人「ニュースタート事務局」が1998年から訪問活動を開始。2007年にはNHKドラマ「スロースタート」、今月には「レンタルお姉さん物語」で漫画化されるなど、注目されているという。

だが先月、都内の劇場で「レンタルお姉さん 欲望家政婦」(姫川りな主演)が上映されていると事務局に連絡があり、ポルノ映画のタイトルとして使われていることが発覚したそうだ。

映画は06年11月公開。配給元の新日本映像サイトによると「そんじょそこらの家政婦さんとは一味も二味も違う」という「スーパー家政婦」が掃除、洗濯はもちろん、下半身の世話までこなすストーリーで、本物とはまったく関係ない内容らしい。

事務局側弁護士によると「レンタルお姉さん」の名称は06年5月に商標を出願し、07年11月に登録された。それ以前に複数のメディアで紹介されており、「名称は周知されている」という。そのため、来週中にも東京地裁に配給差し止めの仮処分を申し立てる。上映中の映画館やネット配信、DVD化は「確認できていない」としているそうだ。

1日午後、都内で会見したレンタルお姉さん(26)は「私は中学時代に引きこもりとなり、絶望の中に生きる気持ちは当事者としてよくわかる」と自らの過去を明かしたうえで「実際の活動とは、かけ離れたイメージで憤りを感じる。レンタルお姉さんの名を地に落とした」と訴え、号泣したらしい。

なんか、釈然としないなぁ…どういう根拠で差し止めを申請する気だろか?差し止めは無理な気がするね。
それはともかく、情弱なのか、やみげんは今日まで「レンタルお姉さん」を知らなかった。姫川りなちゃんは知ってたけど^^
やみげんも、引きこもりだけどお世話になれるのかな?

頑張ってるお姉さんたちには悪いが、男なら「レンタルお姉さん」ってのは普通に“いろんな事”を想像するわけで、NPO法人も、一体どういうつもりでこんな名前を付けたんだ?これは事務局が悪いよ~。

そもそも、NPO法人(特定非営利活動法人)が商標登録とかって、それだけで胡散臭いわ!
それに、これは裏で焚付けているヤツの気配がするぞ!同じく報じた変態新聞の記者は、昨年春の児ポ法キャンペーンの時の女性記者だからなぁ…児ポ法改悪と同じく、エロを忌み嫌う勢力のマッチポンプと違うのかい。

一方で、(契約がどうなってるのか分からんが)映画のほうの関係者は大変だな。2006年だと、もうモトは取れてるのかね?それでもこの先、配給がNGなんてことだとやっぱりキツイだろうね。配給を続けられるように頑張って頂きたい。

タイトル付けも、まさに地雷源を歩くようなものだな。まぁウチの場合は、万一噛み付かれたらタイトル差し替えればいいんだけど。いろんな意味で、「エロはリスク商品」というのを再認識させられる話題だった。

歌のお姉さん
画像は、「歌のお姉さん」より。こっちのお姉さんもヨロシクです^^
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/07/04 20:00 ] 与太話 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/425-1b7c8857