FC2ブログ

















冷やしうどん

21日午後7時35分ごろ、石川県川北町の町立小学校の給食室で、食器洗浄機の取り付け作業中だった金沢市高柳町の設備機器会社員(35)と、同市山科町の洗剤製造会社員(40)の2人が倒れているのを教頭が見つけ119番通報たらしい。病院に運ばれたが、2人とも死亡が確認されたという。

寺井署などの発表によると、救急隊員が駆けつけたところ、給食室内から有害なガスを検知したそうだ。同署は、作業中のトラブルで2人が硫化水素を発生させた可能性もあるとみて、事故の原因を調べているとか。同小学校は夏休み中だったという。

これ、夏休みでなければ二人は助かったかもしれないね。痛ましい話です。
ご冥福をお祈りいたします。

実は、やみげんも最近、ガスで死に掛けた。

現在は、なんだか夏らしくない天気であるが、一時、日本列島を連日の猛暑が襲った時の事である。
さすがに、食欲も減退していたのだが、その日は朝から何も口にしていなかったので「よっしゃ!冷やしうどんでも作ろう」と、台所に立つ。幸い麺は購入済みで、近所のスーパーまで炎天下の中買い物に行く事も無い。
うどんを茹で、ザルにあげ冷水で揉み洗いする。自家製のつゆに薬味を入れて食した。おいしかった^^

そして「そうそう^^」と、うどんをツマミに、冷やしてあった安酒をチビチビとやりだす。その日は朝からまじめに仕事したからね。日はまだ残っていたが、少しは早めの晩酌だ。
ほんの少し前までは、お酒にはめっぽう強かったけど、ココ最近はすぐに眠くなる。その時も、ザルにあげたうどんがなくなる頃には、猛烈な睡魔が襲い、うつらうつらと寝てしまったようだ。

8時間後、やみげんは目覚めるのだが、その時やみげんは台所でガスの火がついているのを発見する。どうやら、うどんを茹でる際にふきこぼれを警戒して、小火にしていたため一連の作業の間、全く気が付かなかった様子だ。それ以前に、ザルにあげる直前もしくは直後に火は落とすべきであった。
ひょっとしてボケが始まっているのかもしれない。

あわてて、火を消し、窓を開けたやみげんがまず思った事は、「取り返しのつかない事にならずに良かった!」でも「やばいやばい!気をつけなくっちゃ!」でもなく、「ゲッ!ガス代いくら掛かったんだ?べらぼうな請求金額になるのでは?」であった。

貧乏とは悲しいものである。

讃岐うどん名店5店舗食べ比べ10食お試しセット讃岐うどん名店5店舗食べ比べ10食お試しセット
()
久保田麺業

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/07/24 20:00 ] ほのぼの | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/445-adcad885