FC2ブログ

















ブログ

自身のブログに「教頭抹殺したい」などと書き込み、職務に求められる適格性を欠いたとして、横浜市教育委員会は24日、横浜市立小学校の男性教諭(29)を免職の分限処分にしたらしい。

市教委によると、教諭は6~7月にかけ、自身のブログに「教頭…」という副校長に向けた書き込みや、女性主幹教諭を名指しして「死ね」を計51回繰り返したり、「教師殺しがあったら、それはオレです、絶対」と書くなどしたそうだ。

主幹教諭とは理科のクラブで一緒に指導していたといい、教諭は「突然実験内容を変えたり、子供の前でしかられたりしたから腹いせにやった。殺す気はなかったが、ぶつけようのない思いをブログに書いた」と話しているという。教諭は4年生の担任を持っているが、学校名のほか、子供たちについての書き込みはなかったという。現在、ブログは閉鎖され、副校長らは被害届を提出する意向は示していないらしい。

免職処分を受け、教諭は「深く反省している」「信頼回復したい」などと話しているという。

どうしてバレちゃったのかな?女性主幹の名前を出してたらしいから、多分そこからアシが付いたのだろう。記事を見た善意(?)の第三者が通報したのであれば、警察も動いているだろうから、もっとオオゴトになっているとも思うけど、「被害届け」とか言ってるしなぁ…いずれにせよ、閉鎖前に一度見てみたかった。

ただ、「ストレス」を理由に、実際に刑事事件を起こす先生ばかりなのだから、この先生への処分はちょっとかわいそうな気がするがねぇ。直接的に怒りをぶつけるにしても、もう少し書きようがあった気もするが、その辺がうまく出来ないのも、教員の質が低下している証かぁ。
無所属のやみげんですら、それなりに気を使って書いてるぞ!

それにしても、ただでさえ、職場の人間関係をうまく作れないヒトなんだ。これからが大変だろうな…頑張っていただきたい。一般社会は、学校と違って過酷だぞ!

さらに増幅されたストレスが、変な方向に向かないことを願うばかりである。

振り向き蛭田教頭
画像は、リサ校長の場合「追跡」より。蛭田教頭も方々で恨みを買っていそうだ。

※続報(7/25):事がバレた経緯は以下の通り。
今月3日に、神奈川県が横浜市安全管理局に書き込みに関し情報提供。横浜市教委が男性教諭に事情聴取を行ったところ、ブログへの書き込みを認めたという。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2008/07/24 20:47 ] トンデモ教師 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/47-665eb4f0