FC2ブログ

















台風接近

大分市の公立中学校が、夏休み終了後の26日に実施した社会科のテストで、生徒に支持政党と理由を答えさせる問題を出題していたことが分かったらしい。

学校側は「子供の思想、信条を聞き出すような問いで、問題があった」としているという。

学校によると、テストは、時事問題に関する夏休みの研究課題について、どのくらい理解しているかを問うためで、1、2年生の約240人が受けたそうだ。

問題は社会科の男性教諭(37)が作成。設問の中に、30日投開票の衆院選に関連して「もしあなたに選挙権があったなら、どの政党を支持しようと思いますか。その理由も答えてください」との項目を設けた。大半の生徒が個別の政党名を挙げて回答したとか。採点の対象にはしていなかったという。

男性教諭は学校側の調査に「衆院選が間近に迫っているため子供たちの関心も高いと思って出した。配慮すべきだった」と釈明しているという。

大分かぁ…この先生も縁故採用だったのかな?妙な政治的背景は無かったと信じたいがねぇ~例えば組合とか、組合とか、組合とか、、、、、

そうでないことが前提で。
この先生がやろうとした事はなんとなく理解できるな。若い衆の投票率が年寄りに比べて低いとか言われてるからさ。ガキのうちから選挙を身近に感じるのは、大切な事だとは思う。

ただ、やみげんの実感としては、そう悲観するほど若い衆が政治に無関心という訳ではなさそうなんだけどね。それでも、年寄りの投票率のほうが高いのは事実だし、ただでさへ少子高齢化で人口比が年寄りに偏っているのだ。若い衆は、より頑張って選挙に行かないと、どんどん年寄り優遇の世の中になっていくぞ。

さて、いよいよ明日はその選挙。
民主主義の根幹をなす表現の自由。その権利を脅かす先生方には、この際国政から退場していただきたい。

台風も近づいてるね。嵐が来るぞ!

国会議事堂
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/08/29 19:15 ] 与太話 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/482-49d7b493