FC2ブログ

















添い寝

成人向け雑誌などを回収する目的で自治体が設置している「白ポスト」が岐路に立たされているらしい。一般ゴミや飲食物などが捨てられるケースが目立っているほか、市民からは郵便ポストと間違って郵便物を投函(とうかん)したという連絡も寄せられたとか。自治体側はニーズがある限り設置を続けたい考えだが、市民への注意喚起などで認知度が高まればさらにゴミなどが増える可能性もあり、頭を悩ませているという。

白ポストは、1963年に兵庫県尼崎市で「青少年には読ませたくない雑誌」を回収するため、ドラム缶を白く塗って街角に置いたのが始まりとか。その後全国的に広がったそうだ。

茨城県水戸市では現在、計9か所に設置しているらしい。投函物は1か月に一度、青少年の登下校時間などを避け、市職員が回収しているという。回収された投函物は、分類や集計を行った上で、有害図書などは清掃工場で焼却処分しているそうだ。同市の場合、表紙を含め女性の胸が露出しているページが1ページでもあるものは有害図書と指定しているという。

過去5年間の投函数は年約2400点から約3300点。有害図書は投函物の約7割で、新聞やチラシ、飲食物、ゴミなどが約3割を占めるらしい。

水戸市生涯学習課は「定期的に発売されている有害図書が2、3か月分まとめて捨てられているなど、処分に困った人が利用しているようだ。増設は考えていないが、1冊でも投函される限り設置を続ける」と意義を強調しているという。

まだ、こんなもんがあったのね^^

しかし、63年からとは思わなかった。随分前からだ。もうスグ半世紀…スゴイ;
やみげんなんかは、後にエロ本が自販機で売られるようになり、PTA連中がヒステリックに駆逐した辺りから薄っすらと憶えているぞ。その際に白ポストの存在も知ったのではなかったか。

現在のポルノ規制強化の動きも、長いスパンで見れば何年かに一度訪れる規制の波なのかもしれないな。
キ印ババァ共がどれほどエロを憎み、撲滅せんと試みても、エロはしたたかに生き残り、いつの日か規制以前よりも過激な表現を手に入れていることだろう。
新しいメディアや流通が登場すればなおさらだ。規制はいつもエロを後追いするものなのだ。

おそらく、「美しく清潔な世界」を夢見るババァは、その事を理解していないのだろう。

エロは“時代”と添い寝しているのだよ。

昭和性風俗史 ビニ本 (コスミック文庫)昭和性風俗史 ビニ本 (コスミック文庫)
(2006/10)
鈴木 重機

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/10/13 20:00 ] 規制 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/527-9fc6d273